模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

8号~11号です。まとめてレポートです。

2015/03/22 18:19

M_image

  ブラボーとは

8号です。
付属品はリミットスイッチ他(後半に記載)
123Dの講座は鳥かごと雪だるまのような鳥・・・?
テンプレートをダウンロードして円盤を基本に進める作業ですが、ここは円を描いて厚みをつける作業をして円盤を自作して始めましょう・・・勉強にもなるしね!
円盤をTOPビューにして籠のフレームの寸法を決める作業です。
これが決まれば籠のフレームをスイープと言うコマンドで断面形状(3mmの円をベースに)を先に決まった軌跡に沿ってフレームワイヤが出来ます。
あとこれを円盤に立てるだけ簡単な操作で移動してきます。
フレームワイヤの図形を選択、どこに複製を置くか決める、本数を決めるなどの作業で籠らしくなります。
吊り輪を作り、合成します。雪だるま鳥を球体2つと円錐1つで作り籠の中に置けば完成
SWEEPコマンドで籠のフレームワイヤの軌跡(軌道)を変化させれば形を変えれます。

M_image

  ブラボーとは

9号です。
付属はネジとアクリルでできたレンチ?
123Dの講座はポットの制作
回転とくり抜きで作る基本形を作り、合成して修正と接合部の丸み付け作業
今までしてきた作業を組み合わせ出来る作業です。拡大して細かな微調整とが出来上がりに影響しますので、しっかり行います。

M_image

  ブラボーとは

10号と11号です。
黄色い奥の厚いパッケージが10号です・・・けどやけに軽いです。
123Dの講座は組み立てハンガーと丸テーブル
ハンガーの方は鳥かごのスイープを使ってワイヤを作り組み立て部の差し込みはワイヤが差し込めるようにパイプをくり抜きで作る簡単な物でした。
丸テーブルはパーツを別々に作りそれらを合成して組み立てる。
脚になる部品はスプラインと言うコマンドでポイントを決めて線を引くとなめらかな曲線が出来ます。
これに沿って曲線頂点にサイズの異なる四角い断面を配置し、選択し、Loftコマンドで作成すると断面を通るなめらかな曲線描くそれらしい脚が出来ます。

M_image

  ブラボーとは

8号の付属品Z軸用のリミットスイッチとフィラメントドラムサポート軸取り付けの補強板です。
プリンターの背面に付く部品ですね。

M_image

  ブラボーとは

9号の付属品今回はネジだけと言う感じです・・・本当に
アクリル製の専用レンチ・・・あとで使うとのことです。
ネジだけですが実は今回でプリンターの筐体である今までの側板を組み立てるためのもです。
これで箱状の全体が出来るのです・・・組んだら場所をとるなぁと思う。
ちょっとこのまま全て部品でまだ保管としますね。

M_image

  ブラボーとは

10号の付属品
あははは・・・・軽い訳ですわぁ
筐体の上部の枠です。幅があるし中抜きだしサイズ敵に平梱包したら折れるかもです。
それでこんな箱にして斜めに入れて保護もかねてこんなサイズになったのです。
これで筐体の完成の訳です。
今まで説明にあった仮締めのネジもすべて本締めして行く様です。
10号と言うことは約20%部品がそろったと言う訳かな?
55号で完結予定ですから・・・
今後は、筐体の中に部品を組み込みとなっていくわけです。
ガイドスライドとか、ネジを切ったスライダーロッドとか言うのを1点ずつ提供かな?
駆動モータ、電源部、制御CPU基盤とか・・それらをつなぐケーブルと細分化してあるのだろなぁ・・・

蛇足ですが、国内メーカーのボンサイラボ監修の3Dプリンターキットです。
ベースの「BS01」は精度の高い造形が可能なことで定評は良いです。
こちらで販売中の3Dプリンタの筐体はMDFボード(木材を繊維状のし接着材配合で圧縮した板)で出来ています。
かたやディアゴのキットはその部分をアクリル板で置き換えたモデルって言う訳
その分精度は室内の湿度の影響を受けにくいし強度も上がっているかな?

本家は、テーブルにヒーターを仕込んであるモデルも存在する(ABS対応のため)
ボンサイラボの販売の補修部品が使えるかなとも思うのです。
まぁ初めて行うなら3DCADの使い方も有るので、こちらのキットを踏み台にした方が良いかもしれませんね。
価格は、組み立てキットでも諭吉君分程度の差しかないのですから。

M_image

  ブラボーとは

11号です
テーブルのリフト用真鍮ナット(ボルト状になっているが穴が開いていて雌ネジが切ってある)
これをテーブルベースに取り付けますが、しっかり緩まないように、アクリル板を割らないように、締め付けなければなりません。
これが緩むとテーブルの昇降精度、下手すれば高さが変化しない事態になります。
組み立て時に、ロックピンを入れる方法を考えようかな?
平ワッシャーが付属しますが、平バネ的な物も考えようかな?
ボンサイラボはのモデルはこのテーブルベース部分アルミで出来ているようです・・・・
と言うことは・・・レーザーで切り出しをしますか?
今後の課題です。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー5 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。