模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

12号・13号が来たよ・・・某メーカの3D出力品も見てね

2015/04/05 22:52

M_image

  ブラボーとは

12号です
内容は、前号でのテーブルとセットで使える椅子のモデリングです。
3DCADのベーシック講座は、スイープとロフトの基本的操作と
どのような使い方するかです

M_image

  ブラボーとは

13号です
モデリング講座は、ワイヤーフレームの組み合わせで作る
バスケット、ブレスレット
スイープで基本形状を作りコピーと合成で組み上げるのが軸になる講座です

M_image

  ブラボーとは

12号のキットです。
最終的に13号の部品と組み合わせで片方のX・YガントリーのY軸になる向かって左側の部品になります。
スライドロッドはTHKと言う日本のメーカー
おもにスライドレールなど手がけるメーカーです、本業でも修理などで使用するメーカーです。
旋盤のボールねじ等と言った方がよくわかるかもしれませんね。

M_image

  ブラボーとは

13号の部品です、12号のスライドロッドに組み付ける部品です。
スライダーはX軸になるスライドロッドを付ける部品ですね。
まぁこれらスライドロッドの組み合わせでX・Yのヘッド移動をつかさどる
ガントリーを構成するので、組み立て精度で動きの精度が影響されます。
なんぼいい部品使っても、組み付け精度で作動精度が決まるので
先の筐体の組み立ても影響でますね。ここはあわてず全体の出来上がりを見てから
筐体に組み付けを考えた方が良いでしょうね。
とか言いながら・・・今回までの部品手付けずしまい込みに決定

M_image

  ブラボーとは

結局、細かい部品は、号別のパッケージの子袋の単位で内容の確認済ましては
号数を記入して、箱の中・・・・
君たちはいつ活躍できるのでしょうか?

M_image

  ブラボーとは

13号にもあるベーシック講座の3Dプリンターの歴史でも触れていますが
光硬化樹脂を使った3Dプリンターで作ったリングを組み合わせたカタビラ状の物です。
某メーカーの約600万するプリンターで作ったものです。
内径約5mmの立体リングの組み合わせ、一つ一つがバラバラに組み合わせながらプリントされてつながっています。

M_image

  ブラボーとは

これが、その拡大です。
某メーカーとは・・機械設備関係のお仕事の方ならわかると思います。
その昔は、ラジコンの受信機、モーターのアンプなども手がけていたメーカです。

M_image

  ブラボーとは

一枚のシートのようですが、このように鎖状の組み合わさった状態でプリントできます。
恐るべし・・・・価格もそれなりの機械で高性能だし
それなりの車1台分のプリンター出来て当たり前ですね。
プリント可能サイズも少し大きめA4サイズで高さ200mm程度が可能です。

パーソナルレベルの熱溶解積層法では不可能ですね。
パーソナルレベルでは工業用途とは異なり作る物は異なるし
基本どの方向に走るかもわかりません。
素材を切って、張って、盛り付け、削り、成形と言う基本の作業の一部を
3Dプリンターで担う程度、複数の部品を手軽に作るなどの用途でしょうか?
その中で、どこまで複雑な形状を作ることが出来るか、楽しみな面もありますね。
パーソナルレベルでも、創造は広がることは間違いないです。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。