模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

テクニ四駆VSミニ四駆❤ ~バッタモンVS本家本元~ 勝負編 その2

2020/01/19 09:02

M_image

  ブラボーとは

 みなさんこんにちは。
 それではテクニ四駆VSミニ四駆の闘いの模様、第二幕です。
 ろくに組み立ても出来ないポンコツだったアスラーダGSXに代わり、今度はこの「スーパーアスラーダ02」に期待することにします。

 それでは、いってみましょう❤

M_image

  ブラボーとは

 今度はちゃんとシャーシが組み立てられました。
 よかったよかった❤

M_image

  ブラボーとは

 ボディを乗せて、出来上がり。
 早速勝負……の、その前に。

M_image

  ブラボーとは

 ご覧のようにミニ四駆とテクニ四駆ではタイヤの直径に大きな隔たりがあります。
 テクニ四駆側のギヤがミニ四駆側より速くなるセッティングとはいえ、ここまでタイヤ直径に差があっては最高速度でミニ四駆に軍配が上がるのは目に見えています。
 これでは不公平、純粋にシャーシの性能のみで勝負したい!
 というわけで、

M_image

  ブラボーとは

 ミニ四駆側のタイヤ径を小さいものに替えました。

M_image

  ブラボーとは

 ミニ四駆同様に慣らしも終えたところで、テクニ四駆の試走です。
 ……おおっ⁈ 思いのほか速い⁈
 これはいい勝負になるかも?
 と思ったところで、

M_image

  ブラボーとは

 ミニ四駆出走です。
 やや後ろからのスタートとなりましたが、

M_image

  ブラボーとは

 何と、あっさりミニ四駆が勝利。
 やっぱりテクニ四駆なんて紛い物じゃダメ⁈
 いや待て待て、勝因をよく調べてみましょう。

M_image

  ブラボーとは

 原因はバンパーにありました。
 ご覧の通り、ミニ四駆側のバンパーのほうが圧倒的に大きいのです。
 バンパーの幅が大きいということは、コースフェンスに触れるガイドローラーの取り付け幅も大きくなり、結果的にコースの内側を走る=カーブでは短い距離を走ることになる、ということになるのです。
 これではハナから勝負にならない……シャーシを変えるしかないか。
 しかし、何にする?
 と、思ったところで、

M_image

  ブラボーとは

 昔のジャンク箱から古いミニ四駆の「スーパーXシャーシ」を発掘したので、バンパーの幅を比較してみました。
 おおっ! 一緒じゃん!
 よし、現行のミニ四駆ではなく古いミニ四駆と対等に勝負させよう!
 というわけで、スーパーXシャーシ仕様の古いマシンを買いに走りましたK-Zo.でしたとさ。
 そんなわけでこの勝負は仕切り直し、もう少し続きます。

 それでは、今回はここまで。
 ご覧いただきありがとうございます。
 ではまた❤

 (つづく)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。