模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

カスタマイズヘッドCをロード・インパルスにつけてみましょう❤

2020/01/30 07:05

M_image

  ブラボーとは

 みなさんこんにちは。
 それではヘキサギアの「ロード・インパルス」をたくさん買い込んでいた時から計画していた、オリジナルゾイド「アヴニリオン(ライオン型)」のラルジュ乗機“レクサス”ではない量産型、「一般機ヴァージョン」を作るための試案に取り掛かった時の模様をお届けしたいと思います。

 まずは組み立て済みのロード・インパルスを一体用意します。

M_image

  ブラボーとは

 続いてカスタマイズヘッドCのタイプA頭部を、ライオン風味に組んだものを用意。
 これを、

M_image

  ブラボーとは

 ホビーベース「関節技ダブルボールジョイント」の〈中〉サイズに使うダブルボールを使って、頭部を本体に取りつけてみます。

M_image

  ブラボーとは

 こうなりました。
 ……ちょっと取り付け部周りが窮屈ですね。
 首と本体との間に何か、スペーサーを噛ませましょう。

M_image

  ブラボーとは

 そこで都合よくカスタマイズヘッドCに入っている「首ユニット」を活用してみました。
 が……、

M_image

  ブラボーとは

 ご覧の通り。
 あらら……ダメだこりゃ。
 首ジョイントが長すぎる。

M_image

  ブラボーとは

 仕方ないので、加工します。
 首ジョイントのボール受け部のみ取り出して、ボール受け部をいったんカット、そこにヘキサギア共通ジョイントランナー〈ア〉の中から適当なボール軸を出して加工、はめ込んでみました。
 すると、

M_image

  ブラボーとは

 こう。
 ……もう一息だな。

M_image

  ブラボーとは

 そこで首スペーサーの角度を変えて、十字状に凸ピンが出ているのを利用して両端にカスタマイズヘッドCに付属するポリボールが付く形にしてみました。
 これでどうか?

M_image

  ブラボーとは

 こんな具合。
 ウン、こんなもんでしょう。
 やれやれ。やっと何とかなったヨ。
 
 課題である頭の取り付けに目星がついたので、次は胴体の新規作成に取り掛かるとしましょう。
 このロード・インパルスは既に乗り主が決まっているため、ゾイドのアヴニリオン一般機を作るには本体を新規作り起こしせねばならないのです。
 今は例の「タイコウチ型」の塗装作業をしていますので、新規組み立て作業はまたおいおいと。

 それでは、今回はここまで。
 ご覧いただきありがとうございます。
 ではまた❤

 (つづく……いずれまた)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。