模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

プロトセイバーKZO.に向けて♥

2020/08/13 08:04

M_image

  ブラボーとは

 みなさんこんにちは。
 ミニ四駆・プロトセイバーEVO.のボディが加工すればFM-Aシャーシに載せられると分かりましたので、次のステップに移りたいと思います。
 昔発売された元祖プロトセイバーEVO.のキットの再販品、リアルミニ四駆版を使ってかつてあったメカニズムの再現用のメッキパーツもともに走行用シャーシに載せる加工をします。

 まずはシャーシにボディをあてがい、干渉箇所にペンで印を描き入れます。
 テスト用ボディとも照らし合わせながら干渉箇所を削り落とし、

M_image

  ブラボーとは

 シャーシに載せて、ボディそのものはフィッティング完了。

M_image

  ブラボーとは

 続いてメカニズムのメッキパーツを加工。
 干渉箇所を徹底的に省いて、こうなりました。

M_image

  ブラボーとは

 シャーシにメカパーツが収まるか、のチェック。

M_image

  ブラボーとは

 いよいよボディとメカパーツをともにシャーシに載せます。
 別体のキャノピーもすんなり付けられて、バッチリ。

M_image

  ブラボーとは

 加工、おしまい。
 やったね、カッコいい♥
 しかし公式大会で出走するには、透明ボディは必ず塗装しなくてはいけません。
 メカパーツが透けて見えるよう、クリアーカラーで塗ることにしましょう。

 それでは、ここまで。
 ご覧頂きありがとうございます。
 ではまた♥

 (おしまい)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。