模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

シールドライガーAT、塗装の模様です❤

2020/09/10 09:33

通販サイト

販売価格 14,800 円

M_image

  ブラボーとは

 みなさんこんにちは。
 それではコトブキヤ主催、HMMゾイドオンラインイベント「エアスタンド・リバー会戦」応募作であるシールドライガーATの塗装の模様をご覧いただきましょう。
 まず黒サフを吹いてから、本体の青い成型色のところにガイアカラー絶版色・プリズムパープルグリーンを吹きます。

M_image

  ブラボーとは

 何やかやと、頭部完成。
 シールドライガーの頭部キャノピーは平成以降オレンジが定番ですが、あえて蛍光グリーンに。
 ブレードライガーABに付属の無色透明キャノピーにホワイトでハイライト吹きしてから、ガイアカラー・蛍光イエローグリーンの上澄みを吹いています。
 そののち、マスキングしてキャノピーのフレームを塗装。
 このフレームは当時のTOMY版シールドライガーにはなかったもので、多くのゾイダーが「余計なもの付けるな」とぶーぶー言いながら塗り分けていた箇所でしょう。もちろん未だフレームを無視している上級ゾイダーも多いです。
 牙やメッシュ、リベット状の細かい箇所もちくちく塗り分け攻撃して、出来上がりです。

M_image

  ブラボーとは

 四肢の先端。
 シールドライガーのものからセイバータイガーのものに変更しました。より爪が鋭くて強そうなので。
 足の裏の肉球⁈ も塗り分けています。

M_image

  ブラボーとは

 尾部の強化型ビーム砲を、細かく細かく塗り分け。
 これは別売のシールドライガー用「ビームキャノンユニット」の付属品から取ってきたものです。
 アルミワイヤーと絶縁用グラスメッシュチューブで自由に曲がるようにした尻尾に取り付け可能なよう、加工してあります。

M_image

  ブラボーとは

 本体フレーム全体も塗り終わったので、関節キャップをはずして別途塗り分け。
 バーチャロンカラー・レディッシュウォームホワイトで塗装。

M_image

  ブラボーとは

 キャップを組み付けて、本体の出来上がりです。

M_image

  ブラボーとは

 続いて背部装備のアサルトユニット。
 黒サフ吹いて、

M_image

  ブラボーとは

 何やかやと塗り分け攻撃して、出来上がり。

M_image

  ブラボーとは

 アサルトユニットを本体に取り付け、汚しをタミヤウェザリングマスターでまぶして、おしまい。
 綺麗に仕上がったし、塗り分けだけでずいぶん賑やかな印象になったので、今回はウォッシングもデカールもやめやめ。
 汚しただけで完成とします。

 それでは、ここまで。
 ご覧いただきありがとうございます。
 ではまた❤

 (おしまい)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント2件

赤い狼

赤い狼
当たり前てすが塗装すると随分イメージ違いますね(^o^)
マスキングもめっちゃ細かいようですね〜
3枚目、4枚目カッコいい!

09月10日 22:27このコメントを違反報告する

K-Zo.

K-Zo.
赤い狼さん
 コメントお寄せいただきありがとうございます❤
 このHMMゾイドキットはみなモールドが細かいため、徹底的に塗り分けると圧倒的な「メカらしさ」を演出出来るのです。
 マスキングは一切してません。
 広い面積のところはエアブラシ、細部は全部筆塗りです❤

09月11日 09:07このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。