模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

「信濃」350-04 艦上機のチェック

2014/04/15 09:11

M_image

  ブラボーとは

「信濃」に似合う市販の1/350艦上機を探したら、フジミの「零戦・天山」しかありません。
しかし1setしか手に入りませんでしたので、仕方なくハセガワの開戦時「3機種セット」を追加購入しました。
写真左から、ハセガワ「零戦」で右は全てフジミ「零戦」です。
さて、図面で照合すると、フジミ製はエンジンカウリングが1.5mmくらい長く、尾翼高が1.0mmくらい低いようなので、尾翼片面に0.2プラ板を当てました(2番目写真)。そのように加工したのが3番目の「零戦」です。(キャノピーを載せていないので比較しづらいですが)
機首の短縮を図るためノコでカウル切断してピンセットで摘まんだら…
どっかに飛んで行きました!耳を一瞬そばだてましたが無音でした…。
そこで、次はカウル自作の様子を参ります。

M_image

  ブラボーとは

改造と言えなくもないのですが…
旋盤もどきの”マシーン”に、ランナーをセットします。
回転させて彫刻刀(三角や平刀)を当てて削ります。これで案外精密な事ができて0.1mm径単位で加工が出来ます。フジミ零戦の口径が3.4mmなのですが、3.5mmで合わせて見ると段差を感じます。これは1/350の世界で見るからそう感じるのかも知れません。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント2件

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
旋盤もどきのマシーン
いいですね
 一度機会をみてやってみようかとおもいます。

04月15日 22:32このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
hiroyukiさん、コメントありがとうございます。
”マシーン”について詳しく他にページを設けてご説明致しましょうね。
今から説明用写真を撮ります(笑)

04月16日 10:45このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。