模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/48Tamiya「零戦21型」04 機体番号

2020/05/17 19:00

M_image

  ブラボーとは

前回と構図が全く同じで恐縮してます。
こちらの天候が愚図ついてて、しかもまだまだ晴れの日が来ません。
機番は「レプリカ」誌’90年1月号吉村氏の考証記事を基にしたものです。

M_image

  ブラボーとは

アンテナ柱は金属製に替えています。

曇天続きの中、作業が捗り次画像のとおり、完成直前まで来ました。

M_image

  ブラボーとは

ほぼ完成領域に近づいてきました。上写真からパイロット塗装・取付、キャノピー取付、脚取付等が終わり地上姿勢まで漕ぎ付けました。
後は、ピトー管、プロペラ、増槽と仕上げ塗装のみになりました。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント4件

YAHOO

YAHOO
巨匠・・・これで、まだ仕上げの塗装が?????意味判りません

05月17日 19:04このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo

M_image

YAHOOさん、「三隈」拝見致しました。
作り込みが進むたびに、重厚な雰囲気が更に深まってきたと実感致します。
さて、艦艇と飛行機制作は、塗装の汚し具合に差があることでしょうか。
乗組員だった方が艦艇模型を見て、少しでもサビが浮いていたら残念に思われるでしょうから、派手なサビ表現は出来ないと思います。
添付画像は「雷電」の汚し塗装の例です。緑色一色にエフェクトを加えています。
デテールの絵画的表現とも言えますが、それをこれから行います。
史実では、真珠湾向かう艦内では、機体表面を米糠をいれた布袋で磨いた…と聞いたことがあります。ただグレー色の場合はあまりエフェクトが分かり難いと思います。

05月17日 21:01このコメントを違反報告する

YAHOO

YAHOO
巨匠・・・私は保存会の諸先輩から艦艇模型は汚すなと教わりましたので守って来ました、飛行機とは少し違うように思います

05月17日 21:43このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
YAHOOさん、伝統は大切にするべきだと思います。
博物館入りする模型で汚した作品を見た事がありません。また相応しくないです。

05月18日 11:26このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。