模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/72 Hasegawa「一式陸攻11型」07 後部20ミリ機銃

2022/09/14 22:19

M_image

  ブラボーとは

後部20ミリ機銃の取付の様子です。
この機銃の形状は、1/48タミヤの物を1/72 に縮小て作りました。
要はサイズが合えば良いという考え方です。つまり、これがフィットしなければ
周りの構造に問題有りとします。ハイ建前です(笑)
私の普通のやり方の2枚1組写真です。
写真の左は、風防未着状態で、右は同装着状態を表します。

M_image

  ブラボーとは

同様に、右斜めから見る様子です。
雲形迷彩機は、風防で内側が良く見えませんね。
ジトーッと睨めば、心で見えます。
ただ、左右で茶と緑色に塗装が違うのは”粋”ですね。

M_image

  ブラボーとは

未着状態での記念写真です。
サークル状の銃架が見えます。(実物は円形では無いようですが…)
やがて消えゆく儚い夢です??。

これから、正面に廻り雷撃手?を着座させて、機銃を差した風防を取り付けます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

Fame461

Fame461
おはようございます。
後部20ミリ機銃にも手を抜かない姿勢を見習いたいです。
この機銃の制作に使用した素材はプラ板とプラ棒でしょうか?
既製品のような仕上がりです。
それにしてもここに着座する雷撃手はさぞかし怖かったでしょうね。

09月15日 08:34このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo
Fame461 さん、コメントありがとうございます。
20ミリ機銃についてご説明致します。
まず、操縦士を着座させますが、シートを用意したのですが、キャノピーの厚みとか
考慮すると、シートの高さは0.5ミリくらいしかなく、足が真っ直ぐ伸びた
形になりました。
次に、銃架は真鍮線を半円状にして固定しました。
そして機銃は、1/48タミヤのをスケールダウンしたものを銃架の上に固定しました。
機銃はプラ板と銃身をプラ棒で形状を似せて作りました。
13ミリ機銃もキットに無くて、20ミリは大き過ぎて自作しました。
この射撃手は、透明風防に身を晒していて、防弾設備の何も無い状態ですから
怖かっただろうし、寒さも強く感じたことでしょうね。
そこで思い出すのは、B17の下方銃撃のドームに入れられた射撃手が一番
過酷だと思いました。
今後ともよろしくお願いします。

09月15日 09:39このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。