模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

キティホーク1/48 スホーイSu22 M3/M4 フィッターF 資料編

2021/07/22 19:49

M_image

  ブラボーとは

まずは資料集めから。
インアクションは発行が古くあまり役に立たなそう。『世界の傑作機』はSu-7/17と表記されてますがSu-22はSu-17の輸出型であり、Su-17と同じなのでこれはこれでよし。VPの「LOCK ON」は現役の機体の細部写真集。これが一番役に立ちそう。
他には「4+」や「KAGERO」とかでモノグラフを出しているようです。両方とも現物を見たことはないのですが、双方とも実力がある出版社だけに要注意で、見かけたら入手すべきだろうと思います。

『世界の傑作機』はSu-7系列全体の理解に好適で、開発の歴史や運用、そして実戦記録など、役立つ情報が記載されています。特に兵装の解説は搭載武装の選択に役立ちそうです。
「LOCK ON」は博物館の展示機等ではなく、ハンガリー空軍が実際に使用してる機体の細部写真が掲載されており、ディテールの確認はもとより、塗装の退色や補修の状況、汚れや傷の様子が読み取れ、キットの塗装やウェザリングには良い資料になるでしょう。

M_image

  ブラボーとは

内容が古い『in action』誌の奥付を確認すると出版が1989年となってます。実はこの年の11月にベルリンの壁が崩壊し、ミグやスホーイの資料や鮮明な画像の洪水が起こるんですが、この『in action』はその前の発行になります。
そのため掲載されてる写真はプロパガンダ用の写真や粒子の荒い写真がほとんどで、各サブタイプの識別点もいまいち信用できないものになってます。冷戦期の東側の機体を作る時は、1989年前後で資料やキットの考証の信頼性が全く変わるのでこの1989年という年は覚えておくべきでしょう。

キットのレビューについてはGary Wickham氏がネットに上げているレビューが役に立ちます。というかこれを見れば他は特に必要ないでしょう。掲載先のリンクポリシーが不明なのでリンクは載せませんが、検索すればそれほど苦労せずにたどり着けると思います。その他「Walk Around」の類はネット上に結構あふれてます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー3 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。