模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

カワサキ Z400FX その5

2014/04/28 14:59

通販サイト

販売価格 1,383 円

M_image

  ブラボーとは

加工したパーツに、サラッとサフを吹いてパーティングラインの削り残しや
ペーパーの傷をチェック。
ついでに軽く仮組もしてみます。

M_image

  ブラボーとは

黒系のパーツの塗装は一気にやります。
実車の材質に合わせて、グロスにしたり、フラットベースを増やしたり、白を混ぜてグレーにしたり塗り分けます。
シルバーもメッキシルバー、クロムシルバー、銀・・・艶だしたり消したり。

M_image

  ブラボーとは

フロントフォークは塗装で再現するより、アルミ箔を貼った方がリアルです。

今回はラッピングのテープを使います。
このテープは硬くて粘着力も弱く使いにくいのですが
シャープに仕上がります。
このテープは時間が経つと剥がれてくるので、貼り付けには瞬着を使用します。

M_image

  ブラボーとは

フロントフェンダーの塗装。

右が加工後。
2mmほど切り詰めて、センター部分を平らに削ります。
エッジの部分には伸ばしランナーを貼ってあります。
このFXの製作で一番手を加えた箇所です。

M_image

  ブラボーとは

外装の塗装〜デカール貼り〜クリア塗装。

デカールがひび割れて貼りにくかったぁ。

M_image

  ブラボーとは

金土日でここまで。

あとは
外装の研ぎ出し、マフラーの製作等。
あと1日あれば完成かな。

M_image

  ブラボーとは

マフラーは塗装ではなく、ミラーフィニッシュ貼り付けで処理します。

M_image

  ブラボーとは

さすがにマフラーエンドは、フラ板でふさいでおきます。

M_image

  ブラボーとは

オイルキャップをランナーから削り出して取り付けます。

M_image

  ブラボーとは

エッチングのエンブレムを塗装し、取り付けたら完成です。

実車のクロムメッキパーツやアルミ部品等の再現が
もう少し上手く出来たらよかったのですが・・・。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
色々と参考になります。
キットの素性が悪いのもありますが、
ほとんどのパーツに
手を加えられているようですね
お見事です。
(ストックしているバイクのキットがあるので
いつか・・・)

04月28日 22:37このコメントを違反報告する

Max

Max
hiroyuki@マルチさん
コメントありがとうございます。

ほとんどのパーツに手を加えたと言っても
切って貼った、盛って削った程度の手軽な工作です。
イチから作り直したり、メーカーさんを蔑視するような
失礼なことはやってないと思います(笑)

まして、完成しなければ、いくら頑張っても無駄だし
模型で飯食ってるわけでもないので、趣味の範囲で出来ることだけです。

04月30日 12:04このコメントを違反報告する

甘食W

甘食W
バイクは作成したことはないのですが、
サフは何番を使っているのですか?

05月02日 07:08このコメントを違反報告する

Max

Max
ひろたんさん
サフはガイアの使っています。が

基本、サフは傷やディテールのチェックに使う程度ですので、
ペーパーで削れて無くなっています。
ほとんど、プラの素材が剥き出しの状態でベース色を塗ります。
※下地は800番程度のペーパー当てた状態で終わり。

サフを使う意味が全くわからないのですが
何かメリットあるのでしょうか?
食いつきが良くなる? 発色が良くなる? とか・・・

サフ吹くことで、塗膜が厚くなり、エッジがボテッとなったり
塗料の乾燥に時間がかかったり・・・模型の製作では不要だと思ってます。

パテ盛ったりしたときの色の境目を消すために使うなら
グレーやブルー、ピンクの塗料を塗った方がよりシャープに仕上がりませんか?

05月02日 14:31このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。