模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ハセガワ 1/72 ファイター2 その9

2019/07/17 06:35

M_image

  ブラボーとは

ファイター1 には、コクピットに着座するジョウと立ち姿のタロスが付属していました。ファイター2 には着座姿勢のアルフィンとリッキー、そして上向きで両腕を上げたドンゴが 付属します。
手始めに、アルフィンとリッキーを塗装していきます。細かいバリなどを除去した後、ホワイトサーフェイサーをスプレーし、肌色やシルバー(薄いグレー)から塗り進めて行きます。ラッカー塗料を使いますが、この時点では僅かにはみ出しても後からリカバリーできます。

M_image

  ブラボーとは

同様にクラッシャージャケットのメインカラーを、ラッカー塗料で塗りました。極細面相筆とルーペを使いながら、かすみ目や手振れと戦いつつ何とか塗り分けます。

M_image

  ブラボーとは

ここで一旦、プレミアムトップコートの艶消しを掛け、乾燥後にエナメル塗料で細部を塗っていきます。ちょっとはみ出ても、溶剤と綿棒で拭き取ることができます。

M_image

  ブラボーとは

最後にフィルタ・リキッドとスミ入れ塗料で、影色や微妙な色合いを調整します。特にオフホワイトはやや緑掛かった繊細な白ですが、塗料を調合するよりも簡単です。

M_image

  ブラボーとは

並列複座のコクピットに座らせてみました。
次回はドンゴの徹底工作(?)です。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント2件

シノイヌ

シノイヌ
コメントを入れようと思いつつ、あっという間に次の”製作日誌”が~!(笑)
「クラッシュジャケット」も「ブーツ」も見事に塗り分けられていて、流石です。
ちゃんと、「アルフィン」と「リッキー」ですね。
「アルフィン」の手の形だと、「ファイター1」で「ジョー」との”コ・パイ”は厳しいかな?

「ドンゴ」の改造技術があれば「タロス」を”着座スタイル”に出来るのでは?(笑)

07月19日 12:16このコメントを違反報告する

norisaku

norisaku
シノイヌさん
コメントありがとうございます!
ジョウとアルフィンの劇中シーン再現は、完成写真で撮影予定です!お楽しみに。
タロスは流石に。。。ファイターのコクピットには物理的に難しいですね(笑)
でも、着座姿勢のタロスは今後の構想の為に必要かも!?

07月20日 10:34このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。