模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

F91クライマックスシーン再現 その10

2020/02/24 07:59

M_image

  ブラボーとは

ここまでビギナ•ギナとF91のダメージパーツや装備の製作を行いましたが、やはりラスボスは欠かせません。しかし、同スケールのキットは無く、スクラッチする技術もスペースもありません。そこで、雰囲気だけでも醸し出すために、旧MGのF91に付属するラフレシア台座を使います。
リード線でテンタクラーロッドまで再現され、オマケとは思えない豪華仕様ですが、少し手を加えて更にディテールアップします。
バーニアは一体整形だったので、全て切り取って大型化しました。

M_image

  ブラボーとは

もともとのディテールを残しつつ、基部も別パーツ化しています。

M_image

  ブラボーとは

メガ粒子砲はスケール感を出すために、砲口を拡げつつ内部にディテールアップパーツを仕込みました。

M_image

  ブラボーとは

中央のコクピットを丁寧に切り離し、塗装し易くしています。

M_image

  ブラボーとは

中の鉄仮面は先に塗装を済ませます。塗り分けが滅茶苦茶細かく、老眼に堪えました。。。
次回は劇中でも印象的だったテンタクラーロッドの製作を行います。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント2件

しろねこ

しろねこ
他の製作日誌も見ましたが、再現度の気合いの入れ方がすごいですね。
映像を普通に見ていただけでは、ビームライフルが入れ替わっていたなど気がつきませんでした。
自分はラフレシアのコックピットを刳り抜く技術がないのでそのまま塗りましたが、このラフレシアの塗り分けは大変ですね。

02月24日 12:20このコメントを違反報告する

norisaku

norisaku
しろねこさん
コメントありがとうございます!
私も改めて見直して、新発見が沢山ありました。
最終決戦と言えば「質量を持った残像」ですが、今回は主役達のヤラレっぷりに注目しました。
まさにラフレシアはマスキング地獄です。。。
今後とも宜しくお願いします!

02月24日 14:36このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。