模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/72 F/A-18F スペードのエースのライノ [1]

2015/02/14 22:06

M_image

  ブラボーとは

主翼下面です。
新たな試みをしてみました。
画像ではパイロン位置決め孔は開けていませんが…

M_image

  ブラボーとは

このように、パイロンを吊り下げることができます。

M_image

  ブラボーとは

主翼内部にネオジム磁石を仕込んであります。
パイロンの兵装取付側にも磁石を設置してあるため、完成後にも付け替えて遊ぶことができます。

これで兵装固定を悩む必要がなくなりました。
しかも、パイロンを撤去しても主翼に穴が開かないので見栄えもすると思います。

ただ、ネオジム磁石とはいえ磁石自体が小さいため少々不安は残ります。
主翼も孔をあけず位置決めの窪みに磁石を設置したたけのため、パイロンとの間のプラに厚みがあり、多少引力が低くなってしまいました。孔を開けて磁石を主翼と面一にしてしまってもよかったかもしれません。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー13 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント3件

Dannyboy

Dannyboy
ナイスアイディア‼︎
私も一式陸攻と桜花の着脱にネオジウム磁石を使いました。
磁石とハサミは使いようですね^_^。

02月14日 22:44このコメントを違反報告する

い~す

い~す
なるほど~。磁石は飛行状態で組んだ時に台座との着脱に使ったぐらいで、装備差し替えというのは思いつきませんでした。
1/32のキットでパイロンがポリキャップで脱着可能な物がありますが、これだと小スケールの物でもいけますね。

02月14日 23:25このコメントを違反報告する

あるべく

あるべく
Dannyboyさま
ありがとうございます
模型に組み込むのは初でしたが、着脱が容易なのは楽しいですね~
磁石組み込み、ハマりそうです(笑)

い~すさま
お褒め頂きありがとうございます
展示台に磁石を使うものはありましたね。あれも機体に穴をあけず使用できるのでうれしい機構です。
ネオジム磁石だと、小さくても引力がそれなりにあるのが組み込みには高ポイントですね。
ただ、その小ささが災いして作業は大変ですが…

02月15日 12:35このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。