模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

CELICA(2)

2020/05/19 19:19

M_image

  ブラボーとは

今回からはしばらくF1を離れて市販車に。
在庫の中から複数種類あるトヨタセリカをチョイス。
まずはアオシマの初代セリカとアリイの2代目セリカから。
アオシマの方は30年くらい前に"Vintage club"と題して発売されたもので現行では"ザ・モデルカー"にラインナップされているもの。
当時の箱絵がイラストなので今見るととても新鮮。
アリイの方はLSの金型を引き継いだもので現在はクーペのみ販売中。LBやダブルXもあるはずなのだけど再販はされていないのでどなたか譲ってくれませんかね。

M_image

  ブラボーとは

製作中の写真にも上げたけどボディカラーはフィニッシャーズのジャガーグリーン。
通常のグリーンメタリックに比べて色が濃く金色っぽい反射が特徴の色です。

M_image

  ブラボーとは

作るにあたってそのままストレートに組もうとしましたがアリイの方はモーターライズ時代の名残りがもろに出ていて電池ボックスがシート下にあるので思いっきり上げ底なバスタブが(笑)
アオシマのもモーターライズの名残りはあり電池ボックスを本来エンジンが入っている所に付けないとダッシュボードが付かないなどここらへんに関しては新規金型にしてほしい所。

M_image

  ブラボーとは

どうするか悩んだ挙げ句アオシマのセリカLBが複数あるのでそこからシートと内張りを持ってくることに。

M_image

  ブラボーとは

まずはシャシー裏に空いている電池ボックスの蓋を接着。
3個ある電池ボックスの出っ張りの内一番前のものを残して除去。

M_image

  ブラボーとは

途中写真がないけど電池ボックスを切り取った上に同じく上げ底のバスタブを側面とシートの背もたれを前後とも切り飛ばして接着。
LBのリアシートをその上に現物合わせで仮止め。
切り取ったリアのトランクカバーも現物合わせでLBのシートに接着。

M_image

  ブラボーとは

ダッシュボードは切り取ったバスタブの前側に接着面があるのでソレを流用。
ドアの内張りもLBから拝借。この内張りはボディ側に付けるのでとりあえず仮止め。
運転席側のみとりあえず組んだLBのシートを仮止め。

M_image

  ブラボーとは

仮止めした状態でボディを被せてみた。
うまい具合に隠れてくれるのでボディ側は内装の色を塗装すればOKかな。

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

ドアの内張りがあると見え辛いので外した状態で確認。
シートの高さも良いようだしセンターコンソールを付ければ元のシートも隠れるので見た目もOKかな。
このあとはシャシー側でリアのタイヤハウス周りがモーターライズ時代のままなので穴埋め作業に入ります。
場所が場所だけにパテ埋めかなり手間掛かりそう。

今回ここまで。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。