模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

展示室入り柿の実る頃

2013/05/08 15:49

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

柿の実る頃


この模型の見どころは何と言っても40枚弱ある障子がすべて可動し、しか、も実物同様一旦鴨居側に上げると敷居側からはずれるようになっています。
つまり、障子の張り替えも交換もできるということです。
縮尺は障子が稼働で来て、くじら尺(一間で約182cm)での割り算がしやすいように1/45で作りました。 主な柱は実物換算六寸角として模型では4mm角としました。 しかし、鴨居と敷居は障子可動のレールを再現するため5枚合わせとしたため、最終的には4.2mmと柱よりわずかに太くなっています。
茅葺はシュロなどの自然素材も検討しましたが、今回は出来るだけ縮尺に忠実になるようバルサ材を芯にモデリングペーストに混ぜ物をして分厚く塗りました。
柿の実は400~500個あり、展示会までの時間がなかったので(本当は面倒だった・・・)すべて家内に取り付けてもらいました。 また、ニワトリが入っているシャモかごやザルなども家内に編んでもらいました。
作品は、復元された汐留の旧新橋停車場二階展示場で開催されている「情景作家 -昭和のミニチュア」展で2013年4月2日~7月21日までご覧いただけます。 無料なのでぜひご来場ください。
製作台の寸法;620mm X 400mm


ブラボー63 お気に入り登録13   ブラボーとは

コメント7件

モロちゃん

モロちゃん
こんな作品を見ると、自分の世界は本当に狭いなぁと思います。

05月08日 21:30このコメントを違反報告する

MAKO

MAKO
素晴らしいです。\(^o^)/

05月09日 08:12このコメントを違反報告する

itokao1221

itokao1221
見れば見るほど素晴らしいです。引き込まれそうです。これぞ本物の模型だと思います。

08月11日 21:01このコメントを違反報告する

ネコ好きオジサン

ネコ好きオジサン
なんだろう・・・、ずっと見ていられる。

08月15日 00:56このコメントを違反報告する

icecoffee450

icecoffee450
写真は実物を撮ったようです。めちゃくちゃ完成度高いですね。感動です。

11月29日 23:42このコメントを違反報告する

kazubou

kazubou
素敵ですね。
このような作品に憧れます。

11月26日 21:46このコメントを違反報告する

shumijin8181

shumijin8181
心温まる風景がここにありますね、、。

11月29日 06:16このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。