模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

FA四八式一型乙『輝槌』製作記其の壱 下拵え編

2018/10/14 01:53

M_image

  ブラボーとは

さーて、今日の定例会は何を作ろうかなーと思案していた矢先

…届きましたよ、例のブツが

フレームアームズ四八式一型甲『輝槌』
フレズヴェルクに対抗すべき重装甲で固めた防御型フレームアームズ
本体と一緒に増加パーツも買ってしまい、フルスペックでの製作も可能なので
これはやるしかないw

と、製作開始

M_image

  ブラボーとは

今回買ったのはアーキテクトフレームが改良版になっているRE版ではなく
あえて旧型
フレームアームズはモデルチェンジが進んでいますので、旧版無印はネットオークションなどでも安く放出されており、機体によっては旧型の方がお得だったりします
輝槌も旧型の方がお得かも!

と、言うのも…

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

輝槌は巨体の重量を支えるため、アーキテクトのフレームを天地逆にして使うので
REの180度開脚や肩のスイング機能を全く使わない為、旧型フレームでも全く問題はないのです

M_image

  ブラボーとは

胸の装甲を載せてみると、どれだけ幅広な機体なのかがよく分かります

M_image

  ブラボーとは

輝槌は重装甲が売りになっていますが、それ故に

「装甲が干渉して可動範囲が狭い、著しく制限される」

と言う欠点を持っていますので、手首をMSGハンド・NEOに交換

M_image

  ブラボーとは

キット付属の手首は曲げることが出来ないのですが、手首をひねって曲げる機能を持たせてやることで、手に表情がつけられ、可動範囲の狭いアームの動きを少し補完出来ます

M_image

  ブラボーとは

重FAを作る際にやっておきたいのが軸の補強
個体差もありますが、関節が緩めだと簡単にこけてしまうので、手っ取り早く瞬間接着剤で関節を太らせ、軸をきつめにします
輝槌の場合、股関節とふとももをつなぐ軸が緩いと、上体+腕の重さに耐えられず
軸が回転してしまい、簡単に転びます
ですので、太腿の先と腰をつなぐ軸を瞬間接着剤で太らせます

M_image

  ブラボーとは

続いて足首も補強
アーキテクトの脛は足首を上下に動かすポリキャップ軸があり、これも緩いと足首から転びます
ここはフレームを組み込む前に瞬間接着剤で補強

M_image

  ブラボーとは

股関節と足首をしっかり補強することで、輝槌最大の欠点
『自重で転倒』することがなく、しっかり立てる様になりました
定石ではスタンドを使って支えにする所ですが、輝槌はアーキテクトを上下逆に使っているのが災いし、股関節にスタンド差し込み穴がない上
(あってもリアアーマーが邪魔して付けられませんが)
スタンドのベースからはみ出してしまうので、ベースを自作するよりは関節を強化した方が手っ取り早く自立できます


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー10 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。