模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ソ連・ロシア戦車塗装(ロシアングリーン)について

2016/08/20 01:10

(最終更新 2016/8/21 9:00)

みなさま、お久しぶりです。
仕事がいきなり増えまして、ドタバタしているうちに、半年ほど更新が途絶えておりました。

その間は何をしていたかというと、別に模型から遠ざかっていたわけではなく
ソ連・ロシア戦車の塗装について、きちんと下調べをしなければ!!!と思い立って、いろんな資料を調べていました。

それまでにも、某月刊モデルグ~の2012年7月号で、ロシアングリーンについての特集があることが分かり、必死に本を探して買い、読んだことがありました。
「結局、よくわかってないみたいだぞ」と書いてあったり、「千差万別」と書いてあったりと、工業製品なのに規格はないのかな?本当かな?と思っていたところでした。

そこで、いろいろと調べてみると、、、なんとソ連化学工業省(Министерство химической и нефтеперерабатывающей промышленности СССР )が、戦車の標準色について、色見本帳を作っていたことが判明しました!
...ということは、標準色が国から指定されている訳ですから、各工場が満たさなければならない基準の色が存在することになり、模型製作においても、この色見本帳を参考に調色して塗装作業をすればいいことになります。

色見本帳に基づき、ラッカー塗料によるロシアングリーンたちのカラーチップを作ってみました。(メモ程度と思って見て下さい。)

ちなみに現物の塗料では、全ての色にプライマーを混ぜてあります。
もし塗装が剥離したら(プライマーを混ぜてあるので簡単には剝がれにくいものの)、塗装の下には戦車の素材である、鉄やらなんやらが見えることになります。

M_image

  ブラボーとは

Защитный(訳:保護色)です。1927年から1937年まで使用されました。
Mr.カラー 70 ダークグリーンが、同一色です。

M_image

  ブラボーとは

3Б(3B)の戦車用色です。1933年から1935年まで使用されました。
Mr.カラー 36 RLM74 グレーグリーンが、同一色です。
(主に、この時期に製造された、T-26やT-28、T-35に塗られたようです。)

黒を10%たすと、3Бのヘルメット・軍用車・装甲車用の色になります。こちらは、1933年から1939年まで使用されました。

M_image

  ブラボーとは

3Б АУ(3B AU)です。
塗装の剥離を抑えるため、溶剤としてアルキドウレタン(АУ:ウレタン化油)を使用しています。
そのため、色の原料は上と同じであるにもかかわらず、溶剤に元から色がついているため、色が異なっています。
1935年から1941年まで使用されました。
Mr.カラー 121 RLM81 ブラウンバイオレット が、同一色です。

M_image

  ブラボーとは

Защитный(訳:保護色)です。
1939年から1941年まで、4БОの原材料が安定供給できるまでの間、つなぎとして使用されました。
Mr.カラー 312 グリーン FS34227 が、同一色です。

M_image

  ブラボーとは

4БО(4BO)です。1935年から少数使用、1941年から本格的に使用開始、1956年まで使用されました。
Mr.カラー 303 グリーンFS34102(60%)とMr.カラー 70 ダークグリーン(20%)とMr.カラー55 カーキ(20%)で調色します。
(4БОのOは、亜麻仁油を表すロシア語から取っています。)
著名なソ連の戦闘車両研究家である高田裕久さんが近似と判断した、Mr.カラー 303 グリーンFS34102よりも、黄色味が強く、赤味が少しだけ強いです。

戦時中のため、色の原材料の調達量により、イエローオーカー(黄土色)を10%増減、白色を7.5%増減、青色を2%増減することが、各工場の裁量に任されていたことを付け加えておきます。

M_image

  ブラボーとは

ЗИС-508M защитне-зеленая(ZIS-508M 保護用グリーン色)です。1956年から1980年まで使用されました。
Mr.カラー 303 グリーンFS34102(85%)とMr.カラー 1 ホワイト(10%)とMr.カラー4 イエロー(5%)で調色します。

M_image

  ブラボーとは

ХВ-518(KhB-518)です。1956年から現在まで使用されています。
この色は、4БОとほぼ同じ色です。Mr.カラー 70 ダークグリーン(50%)とMr.カラー 303 グリーンFS34102(25%)とMr.カラー55 カーキ(25%)で調色します。

M_image

  ブラボーとは

ПХВ-512(PKhB-512)です。1980年から現在まで使用されています。
Mr.カラー 320 濃松葉色 (75%)とMr.カラー 312 グリーン FS34227(25%)で調色します。

M_image

  ブラボーとは

Защитный НЦ 1200(保護色 NC 1200)です。
2005年以降、現在まで使われています。
ХВ-518と色の原料は同じですが、配合比率を変えたうえに、溶剤をメラミン樹脂(アミノアルキド樹脂)に変更したため、色が異なっています。
Mr.カラー 36 RLM74 グレーグリーン(50%)とMr.カラー 302 グリーン FS34092(50%)で調色します。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー20 お気に入り登録10   ブラボーとは


コメント3件

soviet_force

soviet_force
はじめまして、こんにちは!
一般的には明るい草色をしているはずなのに、以前に見た静態保存されているBT-5やT-26は、かなり暗い色をしているのにな、と不思議に思っていました。
色見本帳を見て解決し、今はもうスッキリした気分でおります。
秘密にしておくのも気が引けたものですから。どうぞ、ぜひ参考にして下さい。

08月20日 19:09このコメントを違反報告する

長江崑崙

長江崑崙
こんにちは。
ロシアングリーンも時代とともに変化しているのですねΣ(゚д゚;)
WW2のT-34,KV-1と冷戦初期のT-64,72等で色が違うのは気になっていたんですが、おかげさまで解決しました!

08月24日 17:27このコメントを違反報告する

soviet_force

soviet_force
こんにちは!
時代の移り変わりとともに、大量生産に向けて値段を重視してみたり、質を重視して食いつき強度(塗料のはがれにくさ)を重視してみたり、と試行錯誤をしているようです。
解決できたようでよかったです!

08月24日 23:10このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。