模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

美術工芸模型 日光東照宮 陽明門 随身台座・壁塗装

2014/06/25 16:10

M_image

  ブラボーとは

随身像の台座は写真の様に横9マス、縦7マスで黒と白のチェックで塗装されています。

M_image

  ブラボーとは

このキットで提供されている台座(左側)は8×8マスの正方形でしたので、上部の一段分をカッターで切り取りそれを横にボンドで貼り付け、9×7マスに整形して黒と白のチェックで塗装(右側)し実物に近づけました。

M_image

  ブラボーとは

内壁正面は24金メッキエッチングパーツで提供されていますので、ご覧の様にエッチングの模様に基づき彩色塗装しました。

M_image

  ブラボーとは

内壁側面もご覧の様に彩色塗装しました。

M_image

  ブラボーとは

それらを仮置きし、塗装済の随身像を置いてみました。

M_image

  ブラボーとは

柱にはご覧の様な彫刻がされていますが、この通りには再現が難しいですが、発注済の鉛板に渦巻き模様などを刻み、それとパテを使ってできる限りこれに近づけれるよう試みるつもりです。

また、柱の白塗り塗装は胡粉と膠液を使って再現できるよう、それらも発注済です。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

melehilo

melehilo
金地に白の彩色は色が載らず難しいと想像します。
それを難なく熟されているところがすごいです。
ブラボーです!
 私は、フジミ1/100のを昭和45年以来未だに完成出来ずに”温めて”います。
今は瞬着もあるし、作品を拝見しながら「やってみようかな?」とフッと思ってしまいます。

06月25日 23:30このコメントを違反報告する

tomo0707

tomo0707
melehiloさん
コメント、お褒めのお言葉、有難うございます。
フジミの模型は3年以上前に製作し投稿済みですが、その時も塗装には苦労しました。
http://hobbycom.jp/my/tomo0707/photo/products/265
しかし、現在製作中の模型はそれを遥かに凌ぐ大作で、塗装だけでどれだけの時間が必要となるか想像もできないレベルであり、完成はいつになるかまったく見通しが立ちません。(・_・?)

06月25日 23:50このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。