模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/200 スペースシャトル アトランティス

2013/02/28 13:49

1/200 スペースシャトル アトランティス

  ブラボーとは

初飛行は1981年、2回目の飛行は1982年で、2011年7月の135回目の飛行をもって退役した。
スペースシャトルは宇宙輸送システムあるいはスペースシャトル計画の一環としてもちいられた。STSの開発とシャトルの飛行は、基本的にアメリカの資金によって行われた。主な使用目的は、NASAのおかれた様々な政治的状況や起こしてしまったシャトルの事故も影響して、およそ10年ごとに大きく変遷してきたが、数々の人工衛星や宇宙探査機の打ち上げ、宇宙空間における科学実験、国際宇宙ステーションの建設などである。
シャトルは再使用型宇宙往還機であり、軌道船(再使用可能な部分)、外部燃料タンク(ET)、固体燃料補助ロケット(SRB)の三つの部分によって構成されている。ETとSRBは上昇中に切り離され、軌道船(オービター)のみが地球周回軌道に到達する。発射時には機体は通常のロケットと同じように垂直に打ち上げられるが、軌道船は水平に滑空して帰還・着陸し、再使用のために整備された。SRBはパラシュートで海に降下し、回収船で回収されて整備した後、推進剤を再充填して再利用された。
2011年7月8日(日本時間9日未明)に打ち上げられたアトランティスのSTS-135をもって、30年あまりに及んだスペースシャトル計画を終了した。当初の予定では2011年2月26日の打ち上げが最後になる予定であったが、後に追加予算が認められて、非常時の救援ミッションのために待機していたアトランティスをISSの補給ミッションに転用する形で同年7月の打ち上げが認められた。
退役後は、ディスカバリーはスミソニアン博物館の国立航空宇宙博物館別館、アトランティスはケネディ宇宙センターの見学者用施設、エンデバーはロサンゼルスのカリフォルニア科学センターにそれぞれ展示される。また現在国立航空宇宙博物館別館に展示中のエンタープライズは、同館にディスカバリーが展示されることに伴い、ニューヨークのイントレピッド海上航空宇宙博物館に移されることになっている。(ウィキペディアより抜粋)

2011年7月8日 この「アトランティス 」の飛行によりスペースシャトル計画は終了しました。
このモデルは展示するには最適は大きさで、モデルとしてもかなり忠実に再現されていると思います。


通販サイト

販売価格 665 円


ブラボー3 お気に入り登録0   ブラボーとは

コメント1件

tomo0707

tomo0707

M_image

側面から撮った写真です。

02月28日 15:33このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。