模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/350 戦艦「三笠」現状報告9回目 手摺り②

2019/12/03 20:05

通販サイト

販売価格 4,699 円

M_image

  ブラボーとは

 
ハセガワ1/350戦艦「三笠」は残っていた艦首と艦尾の手摺りを貼ります。
慣れてくると作業精度への要求にもうるさくなってきて時間を食いますが、相変わらず見当違いなミスもあり、そうはなかなかスンナリとはゆきません。
やはり悪戦苦闘してしまいましたね。

 

M_image

  ブラボーとは

 
艦首の手摺りは曲げが多いので前後2つに分けられています。
つまり艦首部だけで4つの手摺りパーツを貼ります。直線のときの引っ張り調整は出来ません。
きちんと曲げ位置と角度を作ってから設置(穴あけ)に入るのはベタ付け式と同じです。
図は3つ目が完了したところ。

 

M_image

  ブラボーとは

 
接続部分もごまかってまずまず上手く貼れましたね。
これで一番気の重かった作業の山場を越えました。

 

M_image

  ブラボーとは

 
艦尾も貼りました。
ほぼ直線のみの1本ずつなのですが、ある程度以上長いとやはりズレが出来てきます。
艦首よりシンプルなのに出来は落ちるかな。ちょっと苦戦の跡がしのばれますか。

 

M_image

  ブラボーとは

 
ともあれ懸案だった植え込み式手摺りは全て貼れました。
これで常の艤装に戻れますが、艦橋や煙突を取り付けて梯子を渡し、碇と錨鎖を取り付けた後
まだある面倒そうなパーツは舷側のキャットウォークです。
魚雷防護網伸展用支柱や砲門扉との絡みでややこしそう。
次回はこのあたりが肝になりますね。

 


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント4件

トロ

トロ
こんばんは。 手摺の完了、お疲れ様でした。 綺麗に張れてましね。 全部バイスで穴開けしてるんですね。 これは手間がかかりますね。 それなりの成果は絶大ですが精度を維持できる技量が素晴らしいです。

12月04日 17:17このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

トロさん
こんばんは。支柱は約1.3㎜ごとにランナーとつながった部分が長いのでそれを差し込み口として利用しています。1カ所でも合わないとシックリ来てくれませんからなかなか厄介な工程です。4枚目の艦尾の画像のはあまり出来が良くないので直しました。
修正はかなりめんどくさかったです。やはり最初から目を吊り上げて妥協なくやったほうがよかったですね。これでやっと艦橋を付けることができます。次の難関はキャットウォークでしょうがそれを超えればいよいよマストですね。頑張って年内にZ 旗まで到達するぞ!です。いつもコメントありがとうございます。

12月04日 20:41このコメントを違反報告する

Stressless Modeling(ストモデ)

Stressless Modeling(ストモデ)
おはようございます。

手摺り取り付けご苦労様でした*\(^o^)/*
スッキリ綺麗に仕上がって素晴らしいです。

戦艦は作った事がない私ですが、
それでもやはりこの手摺りは出来栄えの要
である事はわかりますので
フニャフニャになったり、穴がずれて
長さが合わなくなったりで涙、というのは
想像がつきます。

次のキャットウォークも頑張ってください٩( ᐛ )و

12月05日 07:35このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
ストモデさん
おはようございます。
1/350や1/700というのは特撮映画で怪獣にぶっ壊されるセットよりもまだ遥かに小さな縮尺なので完全に再現することは元より不可能なのはわかってはいますが。それでも如何にかしたくていろいろと代替パーツやらオーバースケールパーツやらごまかしやら様々な手を考えています。キットやエッチングメーカーによってその手法もまちまちなのでその都度あたらしい技巧を研究しつつ学ぶことになります。船を始めてもう5年くらいになりますが今でもまだ初心者みたいな気分ですよ(笑)
コメントありがとうございます。またそちらへも伺いますね。ヨロです。

12月05日 10:44このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。