模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/350 戦艦「三笠」第14回 煙突のリギング(下段)

2019/12/11 23:36

通販サイト

販売価格 4,699 円

M_image

  ブラボーとは

ハセガワ1/350 戦艦「三笠」は煙突の上下二段に渡るリギングがあるため、舷側を覆うキャットワォークに未だ手が付かない状態です。それを付けると容易に船体を掴めなくなり細かい取り回しに苦労することが見えているからです。
というわけで、内陣の細かいところを仕上げることにしますがまず最内の艦載艇を載せたあとで
煙突下段のリギングを始めます。そしてまた外の艦載艇。そしてその外に繋ぐ煙突上部のリギングへと進めます。


 

M_image

  ブラボーとは

この完成図からマストを引いた分が今の作業目標になります。
前回日誌掲載の俯瞰図(ビッカーズ社の完成予定図)と三次元的に理解して取り付けます。
第1と第2煙突間の狭い空間に張る2本×2は省略します。クロスした張り線2セットをこの狭い空間にはちょっと無理ですし、艦載艇を先に乗せてしまったので更に難しくなってしまいました。手順ミスでしたね。


 

M_image

  ブラボーとは

ドンドン繋ぎます。
 
 

M_image

  ブラボーとは

俯瞰図です。
第2煙突後部のリグは階段付近に繋がっているので見えにくいです。


 

M_image

  ブラボーとは

このアングルからだと見えますかね。


 

M_image

  ブラボーとは

少し引きで全体を見てみましょう。


 

M_image

  ブラボーとは

後部艦橋方向から。
内側の艦載艇はすべて乗りました。
後部の艦載艇はリギングに干渉しないので外も積んで大丈夫ですが、前部の外2艇は煙突上部のリギングをしてからでないと取り付けられません。ボート架台にリグをつなぐ必要があるからです。


 

M_image

  ブラボーとは

現状です。
右舷第1煙突先頭の1本まで繋ぎました。
つつがなく終えられれば次回はようやくキャットウォークに挑めるでしょう。


 

M_image

  ブラボーとは

こんなアングルでも撮ってみましたが煙突のリギング、見えますか?


今日はここまで。残りは旅行から帰ってからです。
ではまた。
 


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント6件

Stressless Modeling(ストモデ)

Stressless Modeling(ストモデ)

M_image

おはようございます。

リギング取り付けお疲れ様でした。
艦載艇も物知らぬ者からすると、
え!?な感じの載っけ方なんですね!
客船とは違うので当たり前か…と
改めて戦艦だもんなぁと勉強になりました。

リギングですが、
私も一度だけリギング工作した事があります。
それが画像で、エアコンの室外機集中設置
スペースが宙に浮いてるんですがw
ろうがんず杯当日直前連日ほぼ徹夜の中、
あ!モデルカステン メタルリギング買い忘れた!
と気付いたが最早間に合わず、100円ショップ
の手芸用ナイロン糸みたいなので済ませようと
したら、中途半端に伸びて縮まないという
扱いづらさに、とても張って支えてる様には
見えない有様でゴールとなりました(//∇//)

張り線は難しいデス。
ご旅行楽しんで来てくださいませ。

12月12日 07:55このコメントを違反報告する

トロ

トロ
こんにちは。 船体もすっかり出来上がり、もうリギングの段階なんですね。 リギングの張り方が見栄え良く、素晴らしいです。 ゆっくりと静養して、また張り切って仕上げて下さい。

12月13日 15:08このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

ストモデさん
おはようございます。旅より戻りました。
レスが遅くなりましたがまた宜しくお願いします。
同じリギングでも複葉機なんかで使う張力のあるのは思わぬところでパーツを持ってかれたりして厄介ですね。御作の目も当てられない様はご愁傷さまで御座いました。
まぁそれもマテリアルの特性を知る良い機会であったろうと前向きに捉えておられるであろうと私も前向きに推察しております。
艦載艇の乗せ方は時代により、また船種によりいくつか方法がありますね。
大戦中のやり方が現在も続いているものや一部改良されたものなど、これだけでも調べれば論文が書けそうですが模型作りが忙しいので書きませんがw
現代の客船や護衛艦などは楕円形のカプセルに入った救命いかだが主流でしょうか。
海上に落下させれば即座に展開して使用できるものですが乗り込むには少し苦労しそうです。

12月15日 10:57このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
トロさん
おはようございます。旅より戻りました。また宜しくお願いします。
三笠公園で実艦のリギングをじっくりと見てやろうと勇んで行ってきました。
艦載艇が2艘のボートだけでした…
あぁ、艦載艇なしってのもスッキリしていいな。リギングも超ラクだし。
なんて思いながら戻りましたです(笑)

12月15日 10:59このコメントを違反報告する

mitte

mitte
こんばんは。お疲れ様です。
暫く御無沙汰している間に、もうリギング作業!施工スピードにビックリです。三笠は線の本数が多くて大変ですよね・・・特に煙突周りは狭くて取り回ししにくく、干渉する構造物が多くて難しそうですが、お見事にビシッと決まっていますね!素晴らしいです!
三笠公園に旅行に行かれたのですか!羨ましいです。私も一度は行って見たいのですが、グンマーの外にすら滅多に出ない極度の出不精につき、中々決心がつかないでいます(-_-;)
これからも、楽しみに拝見します!

12月15日 20:11このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
mitteさん
こんばんは。旅行前に少し多めに頑張りました。
艦載艇との干渉を避けつつ張ってゆくしかないのですが、実際には張り巡らされた繋止索をどのように避けつつ出し入れを行っていたのでしょうね。
後部中央付近の長官艇など相当に難しいデリックの操作が要っただろうと想像します。ともあれ置ける場所が決まっている以上、張れる場所を探して張るしかないですね。艦内の展示模型である程度の感じは掴んできましたが、やはりこういう案件は現場に一任です。
コメントありがとうございます。そちらの鳳翔の進展も楽しみです。

12月16日 00:07このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。