模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/350 ソ連戦艦「マラート」第5回 砲殻の完成

2020/02/05 17:48

M_image

  ブラボーとは

ズベズダ1/350 ソ連戦艦マラートは前回に引き続き砲殻です。
入手した資料から、砲殻に付けるべきディティールを既成のセバストポリ用エッチングセット以外から探してきては取り付けるオリジナルカスタマイズの段階へと進みました。
これらは本来の用途でないものの、形や大きさが似ているという理由でスカウトされてきたジャンキーたちですが、素性はともあれ素質に於いては抜群にナイスなパーツたちで、それらの選択センスを発揮できることも模型カスタマイズの大きな楽しみです。

図は2番・3番砲塔です。測距儀の先端の蓋と砲殻前面に並ぶ4つの覗き穴を取り付けました。元が何だったかは私もよくわかってないのですがAKAモデルのものです。


 

M_image

  ブラボーとは

同じく2番・3番砲塔の後部です。
入口下の小さな梯子とそのわきにある開閉用ハンドルを取り付けました。
ハンドルは1/700HMSハーミーズのセットからの流用です。
完成後にここを見ることがあるかわかりませんが、付けておくと思い出して見たくなるかもです。


 

M_image

  ブラボーとは

1番・4番砲塔の前面です。
先の測距儀蓋に加えて上部高角砲の脇に砲弾ケース。
下段の前面には砲弾ケースの引き出しと小さな梯子、そして覗き穴が並んでいます。


 

M_image

  ブラボーとは

1・4番砲塔を後ろから見た図。
後ろに関しては2・3番と同じですね。


 

M_image

  ブラボーとは

高角砲カバーの前面です。
砲の左右に丸い窓蓋があります。射撃時はここから顔を出して引き金を引きます。
前面にはメンテ用の蓋があります。
どちらもジャンクから拾ってきたものですが、ジャンクといえども6つ同じものが揃ってなければ使えませんので条件に見合うものを見付け出すのはいささかホネです。


 

M_image

  ブラボーとは

高角砲カバーの側面。
ここにもイザという時には開くドアが両側にあります。
このパーツは上手く拾えたナイスなジャンクですが、実艦のものよりは洗練されすぎかもしれません。


 

M_image

  ブラボーとは

高角砲カバーを付けて乗っけて見た図。
賑やかになりましたね。


 

M_image

  ブラボーとは

正面から。
「さあ、来るなら来い!ドイツ野郎め!」
って感じで雄々しいです。


今日はここまでとなりました。
次の艤装まで手が回らなくてごめんなさい。
また進捗がありましたら報告します。ではまた!


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー18 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント4件

トロ

トロ
こんばんは。 砲門枠やラッタルなどのエッチングパーツが付くと一気に精密度が上がりますね。 綺麗な取り付けで素晴らしい仕上がりです。 ソ連艦って凄い重武装なんですね。 あまり経験無いもので興味深々です。 これからの投稿も楽しみにしています。

02月05日 18:50このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

トロさん
こんばんは。いつもコメント頂きありがとうございます。
このマラートを含むガングート級4戦艦は日本海海戦でのバルチック艦隊壊滅後の帝政末期に再建が目論まれた新艦隊構想でしたが、稼働できる艦が少ないことからほとんど外洋には出ず根拠地に繋がれていたようです。しかしながら、独軍によるレニングラード包囲に側面から艦砲射撃で打撃を加える機会が多く、たったの1日で千数百発を撃ち尽くすなど戦艦として充分すぎる働きをしました。出港せず防空面だけを考えればよいなら好きなようにハリネズミにもできたでしょうね。まぁしかしこれはマラートの特殊性かも知れませんね。他のガングート級も海上で他国の戦艦とやりあった話を聞きませんのでロシア人はよほど戦艦を浮き砲台と考えていたのかもしれません。でもそれはコスパの面では大正解ですよね!

02月05日 20:08このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
こんばんは。製作順調ですね。
主砲の上に高角砲とは驚きです。
過去作のエッチングの残りはいつか役にたつかもしれないと思うと、
処分はちょっとまったほうがよいでしょうか。エッチングは結構、余りがでますが、意外な使い道が将来でてくるかもしれません。

02月05日 23:01このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

ゆた提督
こんばんは。エッチングの余りや買ったけど使えていない工廠の肥やしは全部宝物ですよ!
思い出してみてください。
最初の1隻を作った時には機銃の1本、零観のフロートひとつ失っただけで大打撃でしたが今ではそんなものは有り余るほどあるしもう大騒ぎすることもありません。
私はジャンクパーツはプラの大きなものを除いてはほとんど取り貯めてあります。
これらはいつか陽の目を見るかもしれない予備役たちで、私が活用法さえ思い付けばいつでもそれを実現してくれる有力な戦力です。
ほぼ毎日「何か丸いもの!丸いもの!」「四角い3ミリ!」「ここの穴を塞げる奴!」とか言いながらジャンクボックスを覗き込みます。日頃から彼らの顔ぶれを頭に入れておかないとイザというときに召喚できませんからね!

02月05日 23:16このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。