模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/350 米空母 CV-1 ラングレー ①起工〜船体塗装、他

2020/05/19 01:04

M_image

  ブラボーとは

トランペッターからいよいよ発売されたアメリカ初の空母、ラングレーを組もうと思います。
ラングレーの元は給炭艦ジュピターで、1922年に改造されて空母となり名も改めてCV-1 ラングレーとなりました。その後1936年には水上機母艦に改装されてAV-3 ラングレーとなり、1942年2月27日バリ島近海で戦没しました。
今回は現状、私の手元にほぼ資料もないし判らないところも多い状態ですので取り敢えず1920年代の姿を想像で自由に組みはじめようと思います。


 

M_image

  ブラボーとは

全通式の飛行甲板下は密閉されない吹き通しのトラスの間です。
キットには16機の艦載機が付属しますがそれらをどう配置するかも見せ場でしょう。
キットパーツのトラス柱は埋まってしまっているのでここは当然、EPの出番です。トラス柱は飛行甲板を支える役割と、格納庫内の飛行機をクレーンで移動させるためのガントリー構造を兼ねています。
まずはキットパーツを組むことで全体像を掴めるので、その後の本番をEPで再現すればよいわけです。トラスはいっぱいあります。きっと楽しい作業となるでしょう。


 

M_image

  ブラボーとは

最初の作業はバスタブ船体にプロペラシャフトと舵を取り付けることです。
船体にビルジキールが既に造形されているのでとても楽に完成度の高い船体が得られます。


 

M_image

  ブラボーとは

喫水線上に黒帯があるので船体塗装は3回です。
まず黒サフを噴いてこれを黒帯とし、次に上部をマスキングして艦底部を塗装。最後に喫水下をマスキングして船体色を噴きます。
マラートでは白帯喫水線でやらかしましたが今回はリベンジです。
概ね上手くやったと思いますが如何でしょう。


 

M_image

  ブラボーとは

艦尾方面の塩梅です。
見違えるように良く出来ましたが一体何が違ったのだろう?
そこが分かっていないから今回はまだまぐれです。


 

M_image

  ブラボーとは

ラングレーの甲板上の配色については何も資料がありません。
組説の配色図でさえ飛行甲板下については完全に無視です。
手っ取り早く組むなら全部艦体色でもよいのでしょうが、ここはいっちょコダワッてみますか。
人が歩くと思われる通路と思しきところの色を変えます。
色は何にしようかな・・・?
2番の写真を拡大してみても明らかに色分けはあるようですね。


 

M_image

  ブラボーとは

艦首部分については波除板より前では艦体色を吹きます。
ただここにもトラスEPやパーツが付きますのでその予定地にはマスキングをします。


 

M_image

  ブラボーとは

艦載機も作り始めています。
これが後に残ると辛くなりそうですので先人の知恵に学んで先手を取ります。
これも指定色のシルバーなんて塗りたくないなぁ・・・
よく知らないけど何か違う気がします。


 

M_image

  ブラボーとは

というわけで始まりました。
写真を少し増やしたかったので起工してから数日経ちましたが起工日は5月16日です。暑ダルくなる前に仕上げて夏場は遊びたいものです。
そうはならないことはもう分かってますけどね・・・

私には各国のCV-1・空母第1号を集めてみたいという希望がかねてよりありましたので、今回やっと一つ叶うわけです。
鳳翔とHermesはもう作ったのでこれは3隻目。他にはフランスのベアルンがありますがまだインジェクションではキットが出ていません。
特定の時代ばかりをピンポイントで集めるのは至難の業なのでゆるく様々な時代を網羅してコレクションしてゆきますが、この空母第1世代に関しては同時期でやりたかったです。もう既にHermesが脱落してますが(笑)

またどうぞ長い航海(製作)にお付き合いください。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー19 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント14件

柏木 光雄

柏木 光雄
おはようございます。
アメリカ海軍初の空母ですね。
航空史上において、カーチス陸上型が初めて発艦に成功した空母として輝かしい記録があります。トラスの再現は大変そうですね。
船体塗装もお見事です。
僕が最も興味を持っていた空母です。
完成を楽しみにしています。

05月19日 05:41このコメントを違反報告する

きたけつね

きたけつね
おはようございます。
しぶ~ぃ!これまた見どころ満載ですね。
まずは起工おめでとうございます。
凄いことになりそうでワクワクします!

05月19日 05:58このコメントを違反報告する

トロ

トロ
こんにちは。 おーーー、ラングレーですか。 もう既に艦体は出来てますね。 格納庫内の写真も良い資料になりますね。 完成までこれは目が離せません。 これからの投稿も楽しみにしています。

05月19日 12:54このコメントを違反報告する

mitch

mitch
こんにちは!米軍は詳しくないのですがいい形の艦ですね〜。
トランペッター組んだことないのですが良さそうなモールドですね。黒帯はドイツ艦
でいずれ自分もやる予定ですがこんなに綺麗にやれるかしら、、
ところで北上の後部の機銃の件ですが、とりあえず説明書では何もつけないという指示でした。ピットロード版では何かモールドがありますがアオシマでは全面滑り止め床です。
他の方の作例だと双眼鏡や射撃指揮装置をつけている方もいますね。

05月19日 16:44このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
柏木光雄さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
柏木さんが最も興味を惹かれるかもと思っていましたがやはりでしたね(ニヤリ)
この艦は空母になってからも煙突を1本にしてみたり、後ろへ倒す起倒式にしてみたりいろいろと紆余曲折を経て横起倒式2本煙突に落ち着いたようですね。艦の中央に突っ立ってた邪魔そうな2本の通信マストも当然ながら左舷へ纏められたようです。
キットの状態は艦載機(BM-2・F4B・T4M)を積んでいた時のものでそれは一体何年なのだろうと、そのへんの艦歴がハッキリとしないのが一抹の不安ではあります。
空母も航空機も目まぐるしく進歩を遂げていった10数年間の出来事の一瞬を正しく捉えることができればいいなと思います。
トラスは同じくトランペッターから発売された専用アップグレードEPセットを用います。とても2枚目の写真のような複雑さまでは到底いたりませんがそれでもかなり面白い艦を見れるだろうと楽しみにしています。
この時代の航空機についてまた教えを乞いにそちらの作品集を物色にお伺いすると思います。よろしくお願いします。

05月19日 17:09このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
きたけつねさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
はい。これは気を付けないといくらでも凄いことになりそうな悪寒がする船ですよね(笑)
私も今はワクワクしていますがそのうち死にそうになるかもしれないので果たしてどこまでに抑えるべきかを測りつつ製作してゆこうと考えておりますです。

05月19日 17:13このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
トロさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
米海軍代表は一番古い空母にしました。籠マスト戦艦があればそれも組みたいのですが、何となくこの海上工場風トラスだらけの空母は私の中では古き良きアメリカなのです。
私自身も実験的な船を好む傾向がありますが、やはり実験的な船が最も似合う先取の気風を持った国はアメリカでしょう。
ラングレーで空母の基礎を研究した米海軍が無敵とも言えるエセクス級を量産し始めるまで20年と少ししか掛かってないですね。
私自身も大いに興味を持ちながらこの艦種の謎を解ければと念じつつ組んでゆきたいと思っています。
また宜しくお付き合いくださいね。

05月19日 17:25このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
mitchさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
今回の喫水線黒帯は上手くゆきました。が、たぶんお天気とか気温のせいかと思います。本当にちょっとした気候の違いで簡単だったり難しかったりを何度か経験しますので、やはり塗装に関してはお日柄を選ぶということは重要なことのようです。晴れて乾いて気温高めの日が良いようですね。

北上の件、ありがとうございます。
理由はわからないけど何もないという状態もあり得るのですね。
ああでも私が艦長だったら工廠長に談判にゆくでしょうけど!
なにか袋カ箱でも積んじゃおうかな・・・。

05月19日 17:37このコメントを違反報告する

柏木 光雄

柏木 光雄
こんばんは。
データーを間違えていました。
カーチス陸上機の発艦テストを行ったのは1914年11月14日に軍艦「バーミンガム」からでした。
仮設の甲板からの飛行に成功しました。大変失礼しました。

05月19日 18:26このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
こんばんは。
 格納庫の密度感が素晴らしいです。トラスも山ほどあって作りごたえと
 見ごたえがありそうです。
 古い船とおもいきや、エセクスの20年前と聞くと驚きです。
 技術の進歩は速いですね。
 

05月19日 21:04このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
柏木さん
投稿の訂正ありがとうございました。
・初発艦はヴォート VE-7(Lewis & Vought VE-7)
・初着艦はエアロマーリン 39(Aero Merlin 39)
 とウィキに出てましたね。
Voughtのほうは絵が拾えましたがMarinは見つかりませんでした。

05月19日 22:27このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
ゆた提督さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
これから爆発的発展を遂げる直前の状態ってワクワクするんですよね!
米空母は原子力艦のニミッツ級に至って完成を見たかと思うのですが、回転効率やダメコンなど兵器としての完成度は既にエセクス級で他を凌駕する存在にまで高まっていたと思います。

しかしこのコメント欄、エセクス級と書かねばNGワードで弾かれるというのは情けないっすね!w

05月19日 22:37このコメントを違反報告する

mitte

mitte
こんばんは。コメントが遅くなってしまい、すみません。
なんと!米空母ラングレーではありませんか!
スカスカで模型映えしそうな格納庫が魅力の、最初期の空母ですね。私もとても作ってみたい船です。マラートといいラングレーといい、Toyohataさんと私は艦の嗜好が合うみたいですね(笑)
この間新製品としてネットショップで見かけ、とてもトキメキましたが、1/350と知りあきらめていました・・・
マラート同様指をくわえて、これからも楽しみに進捗を拝見したいと思います!

05月23日 22:18このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
mitteさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですよね。これもmitteさん好みのトラス萌え萌え空母ですよね。
私も一体どうなるのかとても楽しみなんですよ。
今はまだ石炭運搬船の状態ですが、近々大掛かりなエッチング工作になりますので慎重にことを運びたいと思います。
出来上がったら何度も中を覗いてみたくなるような空母になれば良いなと思っています。
長い航海(製作)になりそうですが今回もどうか気長にお付き合いください。

05月23日 22:32このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。