模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

金剛 1944 艦橋下部見張り所

2020/10/18 02:11

金剛 1944 艦橋下部見張り所

  ブラボーとは

羅針艦橋の上階層は下部見張り所となっていて少し入り組んだ形になっています。
EPの窓枠が多くて作り甲斐のある階層です。
もちろんモールドは切り取り窓枠が入れるよう加工します。
FlyhawkのEPでは羅針艦橋から下部見張り所の手摺に掛けてが一体化されており、シャープな前面を提供しています。
ひとつでも階層の段差を消せるのはありがたいです。


製作中の写真の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバー

ブラボー22   ブラボーとは


コメント8件

南東北星

南東北星
お疲れ様です。
EPの効果ですね。
非常にシャープな造形になってます。
ここに、双眼鏡や探照灯もろもろが付属して、狭くなっていきますね~(笑)

10月18日 07:03このコメントを違反報告する

Fame461

Fame461
おはようございます。
朝から、わおっ!です。
羅針盤橋すら知らなかったズブの素人ですが、一応模型フリークです。
この加工の凄さは、わかります。
ヒコーキ模型でもエッチングパーツの効果が絶大であることを知り、エッチングハサミまで買ったのに、いかんせんアフターパーツは高価であります。手が出ません。というわけで、この投稿写真が溜飲を下げてくれたわけです。

あの、僕がコメントするとこんな感じになっちゃいますので、ご容赦くださいね。
詳しくないし、作らないけど戦艦も好きです。
あっ、もちろんブラボー100連発です。

10月18日 07:09このコメントを違反報告する

トロ

トロ
おはようございます。 キリっとキレ良く見栄えがアップしましたね。 古いキットでエッジが甘いのでこの配慮は効きます。 目につき易い箇所なので窓枠+手摺に壁面迄まで一体化しているのはアイデアで大変有難いですね。 FHのディテールアップキットは細部までパーツ化されているし良く考えられているので重宝していますがその分値段も高いのが難点です。 

10月18日 08:40このコメントを違反報告する

mitte

mitte
こんばんは。製作お疲れ様です。
艦橋前面の窓と一体化したパーツ、エッチングキットに付いているととても嬉しいパーツです!角をシャープにしたり、階層同士の段差や歪みをカバーできて、とても効果的ですね。
私が榛名を作ったときは、このような気の利いたパーツはなかったので、シャープさや段差消しにとても苦労しました。
これからも、引き続き進捗を楽しみにしています!

10月18日 22:33このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

南東北星さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ここで一気に偽装まで付けてしまいたいところですが、このフロアはリノリウム張りであるらしく床面を塗装後にしか付けられないのが面倒です。
艦橋正面中央に射撃装置。同じく正面左右に30cm作業灯(付けられれば)。両側面の張り出し部に60cm信号灯。その斜め前方のフロア上に2mくらいの測距儀が付きます。
いずれも床を塗ってからですね。

10月18日 22:52このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

Fameさん
こんばんは。そんな感じで大丈夫ですので思ったことを自由に書いてってくださいね。
一時期に比べて若干下がったとはいえまだまだEPセットは高いですよね。キットの2倍3倍は当たり前という相場です。
まぁしかし注意深く市場を見ておりますとこれも買い時がありまして、例えばeByeなんかじゃ同一品が多数の業者で出品される状況では飛び抜けて安いものをゲットできる可能性があります。逆に1業者しか出品がないときには言い値で買わされますがやはりお高めですね。
ものによっても左右されるので一概には言えませんが、1/700戦艦なら総工費¥※※※※以下に抑える計画で始めようとします。まぁ途中で追加予算が計上されるのでトンでもない額になっていたりするのでしょうがそうなったらもうあとは振り返らないのがよいでしょう。ひたすら理想の艦に近づけてゆくだけです。でもこんな調子だから決して売る気にはなれないのでしょうけどね( -。-) =3

10月18日 23:12このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

トロさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
キティホークもそろそろ完成ですね。頑張って仕上げてください。
時々ですがE P 設計する人って天才だなぁと感心することがあります。
もしも艦船模型にEPが存在してなかったら私は作っていなかったでしょう。確かに難しくて面倒な作業を求められますが、それが艦本来の姿を表すものならば甘んじて勤しむのが船員同様、艦船モデラーというドM奉仕根性なわけです。ハイ。金で解決できるならそこはそれで乗り越えたいけど絶対に避けられない工作加工にも挑まねばなりません。工程数は呆れるほどありますが、それでもいつかはやるべきことがなくなる日が来ると信じて今日の部品を組みますです。
だってあのように巨大で複雑な艦船が手に乗るサイズで再現されるのですから、これはを設計できた者を天才と呼ばずして何としましょう。そのような高度な技の近くで行う製作作業が私の知的好奇心をそそるものでない筈がありません。喜んでドM作業に従事いたしましょう(笑)

10月18日 23:38このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata

M_image

mitteさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
今回はmitteさんのフルEP 扶桑に触発感化された久しぶりのWWII 日本戦艦の製作です。EPセットのレベルも製作スキルもダンチですからまぁ苦労しております。
Mitteさんの扶桑を見るとやはりエッジの差は大きいですね。
湯回り不足やガス溜まりの発生でエッジがダルくなる成型品にはパーツの細小化に限界があります。でもカジカのキットではかなり良かったのは金型が新しかったせいでしょうか。それとも材質の違いでしょうか。いずれにせよ写真で見るイメージを追ってゆきたいと日々がんばりますです。なかなか教えていただいた知識をちゃんと活用できてこないのですが 次の次くらいのは何らかの答えが出せるように勉強します。またご教示お願いしますね。

10月19日 00:07このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。