模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

撮影セット建造に挑戦(1)

2022/05/19 17:43

こちらのギャラリーには毎日素晴らしい作品がアップされており、いつも勉強させてもらっています。その中でも野外で撮影された写真はまるで実車・実機のようで「こんな写真が撮れたらなぁ」と憧れますが、いざ自分で外ロケに出ようと思っても、恥ずかしいし良いロケ地が無いしで、ついつい部屋で白バックの写真ばかり撮ってしまう私。
まぁあれはあれで清潔感があって嫌いではないのですが、ネットで色んな画像を見ている内に、こんなカッコ良いガレージ風のセットを作れば外ロケに出なくても渋い写真が撮れるのでは?と、家にある廃材やなんかを集めてきてちょっとそれっぽいセットを作ってみようと思ったのでした。

M_image

最初に用意したのは、捨てようとしていた2mm厚くらいのダンボールと、これは持って無かったので買ってきたOLFAの円切りカッター。直径30cmくらいまでの円が切れるスグレモノ。板も切れるよ。
黄色の丸い物体は、塗料を置いたら便利かなと昔に100均で買ったけど使わなかった回転台。
まずは縁の高さとツライチになるようにダンボールを2枚丸く抜いて中に貼り付け。更にもうひと回り大きく抜いた2mm厚のスチレンボードをこの上に貼り、

M_image

滑り止め加工の鉄板の表面の画像を印刷、丸く切ってから6分割して組み直しながらスチレンボードに貼ってクリヤーコート。ターンテーブルの完成です。
電動で回ったりはしません。そんな必要ないし。

M_image

床の中央にこのターンテーブルを収める為に、3mm厚のスチレンボードとダンボールで箱を組みました。長さ約50cm。中身は右端のように補強を入れており、この後フタをしました。

M_image

会社に余っていたシステムキッチンの扉柄の化粧板を撮影してフォトペーパーに印刷した物を表面に貼り、ターンテーブルを入れた状態。
これでメイン部分の床は完成です。

M_image

ここまでは参考にしているガレージを再現した状態ですが、かなり大きな施設なので全体の規模や壁の色などは独自のアレンジで作っていきます。
現在の費用は、円切りカッター2,400円と木工用ボンド100円、プリンターのインクくらい。スチレンボードは大昔に買っていた物だし、極力エコな工作でどこまでちゃんと使える撮影セットが出来るのか、頑張ってみたいと思います。
プラモデルを作りながらの作業になりますが、いつまで経っても白バックの写真しかアップしない場合は、セットの制作が頓挫したのだと温かい目で見てやって下さい!


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。