模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

更新情報をMyページに通知する

Question

いつでもOK 戦車のマフラー

DXまん

DXまんさん
06月15日 16:26違反報告する

こんにちは。ガルパンのおかげで、戦車模型を作るようになりましたが、他の作例を色々みてると、戦車のマフラーはサビサビ仕上げが多く見受けられます。ただ、現代の乗用車等を見ると、マフラーが錆びたりしてる車はないので、何故だろうか?と疑問に思い、質問させていただきました。大戦中の戦車のマフラーと現代乗用車のマフラーでは材質や防サビ技術など変わったということなのでしょうか?

ブラボー2 この質問に回答する4件   ブラボーとは

この質問の回答 4

Answer 001

Delta-3

Delta-3さん

  
06月30日 01:24違反報告する

むかし乗ってた中古のサニーが突然「バリバリバリ…」となって、何事か?と下をのぞいたらマフラーがガッツリ錆びたところから外れて…

…冗談はさておき(いや、ほんとのことなんですけどね)、結論から言うと、耐熱防錆塗装とか、表面処理や素材の違いはあるんでしょうけど、現代の自動車は車検とかあるので、逝かれる前に交換してるはずです。大戦中の戦闘車両はそこまではしていない、この違いカナ?と。

ではなぜ戦車では排気管だけ派手に錆びるのか?…ずばり、ここだけ「温度が上がっちゃう」から、かと。

排気温度が800℃くらい(うろおぼえ)になるので、エンジン掛けるたびにあっちっち。空気中の酸素と鋼のなかの鉄分(鋼とは鉄と炭素との合金だす)とが化学反応を起こして酸化鉄になる…これがサビ、なんですが、「化学反応の速度は温度が上がると速くなる」んです。だからここだけ錆びる、というか、他の部位に比べて錆びるのがむちゃくちゃ早くなるわけです。たぶん。

このメカニズムは化学(ばけがく)屋にしてはめづらしく論理的に考えている「反応速度論」という分野でして、風邪をひいて熱が出るのも、体内の解毒酵素の反応速度を上げるために免疫機構自らが行うことだったりします。

以上、お役にたちましたかどうか(^。^;)

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 002

質問者

DXまん

DXまんさん

  
06月30日 02:00違反報告する

>>1 Delta-3さん
 
こんばんは。なるほど~。熱による化学反応の促進によって一気に劣化がすすむということですか!なるほどです!(*゚∀゚)ゞありがとうございました!

ブラボー0 この回答に返信する

Answer 003

ノグチトモキ

ノグチトモキさん

  
10月23日 11:37違反報告する

大戦中~戦後第二世代戦車の排気管はけっこうサビサビですねぇ。第三世代以降の現用戦車ですと、排気管むき出しだとそこが熱源となって誘導ミサイルのまとになってしまうのでカバーしたりして排気口が錆びてるのは少ないですね。

陸自の74式戦車の後期生産ロットになると排気管がステンレスで作られて、熱による焼け変色はするけど錆びてないのが確認できます。

ガルパン戦車ですと、私も含めて綺麗めに仕上げる方が多いので、車体のアクセントとして錆びてる表現が映えますね、
ただ現代技術で大戦中の戦車を維持してるんでしょう、前述のように焼け色のステンレスマフラー表現も面白いと思いますよ。

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 004

質問者

DXまん

DXまんさん

  
10月30日 09:06違反報告する

>>3 ノグチトモキさん
おはようございます。ご回答ありがとうございます。現代の戦車マフラーは汚れているイメージが無かったので納得の理由です!そもそもマフラー自体が露出して無い気もしますね。( ´ ▽ ` )

ブラボー0 この回答に返信する