模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

更新情報をMyページに通知する

Question

いつでもOK 水性塗料とラッカー系

wosa

wosaさん
04月15日 20:24違反報告する

もっぱら、ラッカー系の塗料を使用しています。今回、水性塗料(アクリル系?)との併用について詳しい方、教えてください。

ラッカー系(Mr.カラーなど)とエナメル系塗料においては、次のような関係だったと理解しています。

○エナメル系をラッカー系の上に塗る
×ラッカー系をエナメル系の上に塗る

さて、水性塗料(アクリル系)については、どういった関係なのか。
もしくは、水性塗料の上手い使い分けなどあればおしえてくださいませ。

ブラボー2 この質問に回答する8件   ブラボーとは

この質問の回答 8

Answer 001

controlshot

controlshotさん

  
04月16日 15:44違反報告する

私も塗料を選ぶときに迷ったことがあるので、調べたことがあります。
たしか下地塗料を何にするかで、以下のような関係になったと記憶しています。

【下地がラッカー系塗料の場合】
ラッカー系:よく乾いていれば上塗りOK
水性アクリル系:上塗りOK
エナメル系:上塗りOK

【下地が水性アクリル系塗料の場合】
ラッカー系:上塗りNG
水性アクリル系:よく乾いていれば上塗りOK
エナメル系:上塗りOK

【下地がエナメル系塗料の場合】
ラッカー系:上塗りNG
水性アクリル系:上塗りOK
エナメル系:よく乾いていれば上塗りOK

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 002

質問者

wosa

wosaさん

  
04月16日 16:24違反報告する

>>1 controlshotさん
ややっ!わかりやすい回答ありがとうございます。
ラッカー系が上塗りできるのはあくまでラッカー系の下地だけなのですね。それ以外は(良く乾かした前提であれば)侵食・干渉は少ないということで理解しました。
ありがとうございます。

ブラボー0 この回答に返信する

Answer 003

ふぉっくす・赤井

PROふぉっくす・赤井さん

  
04月17日 20:49違反報告する

水性塗料(アクリル系)について、私の認識(ん?硬い表現ですね)をお話します。
これまた私の知る限りなので不足や間違いがあるかもしれませんが、
「あの人はあんな事言ってたなぁ」程度にお聞きください。
(のわりには長文になってしまいすみません)

そもそも模型用の塗料としてラッカー系、エナメル系、水性(アクリル系)と呼称されることで、どれがどれ?と困惑されると思いますが、そもそもこの全てが「合成樹脂塗料」であり、その合成樹脂が「アクリル」です。

でも、アクリル樹脂って常温では硬質ですよね?
そうです。なので、それをどうやって顔料(色を付ける材料)を混ぜて液状の塗料にするかで分かれているのです。

で、一番強力なのが「ラッカー系」です。昔はよく「シンナー」と呼ばれましたが、アセトンとか、メチルエチルケトンと言った非常に揮発性の高い溶剤で、文字通りアクリル樹脂を溶かしています。(シンナーとは有機溶剤の総称です)
なので「溶剤が揮発して固まる」性質となり、他のエナメル系や水性(アクリル系)の下地として塗装することは出来ても、上塗りしてしまうとそれぞれの塗料を溶かしてしまいます。

次に強いのがエナメル系です。溶剤は灯油になるので、揮発性はあまり高くありません。なので「ゆっくり固まる」性質となります。
この「ゆっくり固まる」が、所謂「筆塗りに適している」や「塗装面が平滑で光沢がある」事につながります。
これは塗った時の「筆跡」が、乾く前に平滑面になる事によります。

そして、上記2種が「アクリルを溶かす」のに対して「水性」は「アクリルを柔らかくする“可塑剤”を大量に混ぜている」ことで塗料としていて、その可塑剤が大気中に飛散することで固まります。
なので希釈するのに「水」を使用することが出来ますが、より揮発性を高めるために(水溶性の)アルコールを使用するため「一番弱い」と言われる訳です。

これらの一番判りやすい比較方法として、タミヤのそれぞれの溶剤の匂いを嗅ぐと…
ラッカー溶剤=刺激臭(くれぐれも嗅ぎすぎ厳禁です)
X-20A アクリル塗料(溶剤)=消毒液のような臭い
X-20 エナメル塗料(溶剤)=灯油臭い
…となります。

さて「筆塗りに適しているのは?」となると先ほどエナメル塗料で触れたように「塗料が固まる時間が長い」方が適しています。そのことから揮発性の強い「ラッカー系は不向き」と言われますが、それを補うのが「リターダー」という乾燥速度を遅くさせる添加剤があります。(もともと遅いエナメル系には必要ありません)
これを適量混ぜることで「筆跡」が残りにくくなりますし、平滑面が得やすくなります。

あ、そもそもの塗料の濃度にも注意して下さい。
蓋を開けた時の塗料の濃度は一定ではなく、濃すぎても薄すぎても(って、普通薄くなっていることはないですが)、筆塗りには適しません。溶剤での濃度調整も重要です。

ちなみにですが、この「平滑面を得る」ことはエアブラシでも同じで、あらかじめ溶剤にこのリターダーを混ぜてあるのがクレオスの「Mr.カラーレベリングうすめ液」です。

と言うことで長々書き込んでしまいましたが、ご参考にして頂ければ幸いです。
Enjoy Hobby Life !

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 004

ふぉっくす・赤井

PROふぉっくす・赤井さん

  
04月17日 21:02違反報告する

補足です。
このリターダーですが、

クレオスからは「Mr.リターダーマイルド」で
Mr.カラー用(ラッカー系)

タミヤからは「ペイントリターダー (アクリル塗料用)」で
タミヤカラー用(水性)アクリル塗料 

になっていますので使い分けてください。

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 007

質問者

wosa

wosaさん

  
04月23日 22:38違反報告する

>>4 ふぉっくす・赤井さん
リターダーって、実は使ったことなかったんですが、綺麗な塗装のために今度試してみたいです。ありがとうございます。

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 006

質問者

wosa

wosaさん

  
04月23日 22:37違反報告する

>>3 ふぉっくす・赤井さん
きめ細やかな回答、ありがとうございます。
製造過程に至る解説まで戴けたおかげで、非常に理解しやすかったのもありがたいです。
「Mr.カラーレベリングうすめ液」にリターダーが入っていた、というのには、驚くとともに納得しました。何が違うんだろう、と実は疑問に思っていましたので。

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 005

Akira-T

Akira-Tさん

  
04月18日 18:58違反報告する

もうすでに回答が出ているようですが
私は数十年ぶりにモデルを作り始めるに当たりこちらのブログを参考にしました。
基本的なことが沢山説明あり勉強になりました。

http://nekopura.blog43.fc2.com/

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 008

質問者

wosa

wosaさん

  
04月23日 22:38違反報告する

>>5 Akira-Tさん
いいサイトを紹介いただきありがとうございます!
写真が多めでかなり参考になりそうです。ありがとうございます。

ブラボー2 この回答に返信する