模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

更新情報をMyページに通知する

Question

いつでもOK 白系を吹くと、出る症状。

サーデェンス

サーデェンスさん
05月17日 22:39違反報告する

M_image

本人は塗装に関しては素人なのですが、白系の塗装を行うとどーにも上のような症状が出ます。

推察1:同色という事でエアブラシの清掃を行わずに「塗料作成」「補充」「噴射」を行っている為。

推察2:白塗装を行うと、部屋中が薄っすらと白くなる為、この白くなっている物(=拡散した塗料)がパーツの上にも降り、それが一緒に塗装された物。

共に他の色で発症しない理由が不明(白が色としては弱いから?)ですが、このどちらかだと予測しておりますが、正解はどういった理由なのでしょうか?

ブラボー3 この質問に回答する8件   ブラボーとは

この質問の回答 8

Answer 001

たのしがりや

たのしがりやさん

  
05月19日 01:13違反報告する

画像拝見させていただきました。私の推測なのですが、塗料が濃いように思われます。私は、よく、スエードの皮の表現のときなどにわざと塗料を濃くして塗るのですが、そのときととても良く似ていますので、可能性があると思います。ちなみに、どれくらいの比率で薄められているのですか?わたしは、0.3mmのエアブラシで、圧力0.8kg/cmくらいで、塗料1に対して2~3の薄め液で塗っております。使うエアブラシや圧力でもかなり差が出ると思いますが・・ちなみに、白の塗料なのですが、今まで使った中で、ガイアカラーのアルティメットホワイトが一番隠ぺい力が強かったと感じておりまして、好んで使っております。

ブラボー5 この回答に返信する

Answer 002

質問者

サーデェンス

サーデェンスさん

  
05月19日 10:07違反報告する

>>1 たのしがりやさん

回答、ありがとうございます。
次回塗装時、対策を講じてみます。

追記:
こちらのエアブラシ及び圧力は不明の状態となっております。
(近所&知人のモデラーさんのお勧めをそのまま運用している状態です)

塗料配分は「金属製の匙20対大スポイト2」と、こちらも感覚系の為、満足な返答を出来る状態にありませんです。

重ねまして、返信ありがとうございました。

ブラボー0 この回答に返信する

Answer 003

蘭【アララギ】

蘭【アララギ】さん

  
05月31日 10:07違反報告する

自分も塗装が得意ではないので参考になるかわからないですが…

たのしがりやさんのおっしゃる通り、塗料が濃い様に感じます。
私も最初に塗装したときは、蜘蛛の巣状の物が吹き出しました(笑)
エアブラシはかなり薄いかな?と言うくらいでもいいようです。

また、他の色では発症しないとの事ですが、おそらく白は他の色に比べ隠蔽力が弱く
他の色に比べ、気付かずに濃度を濃くしてしまっているからではないでしょうか?
白が発色するのは4~5回くらい重ね塗りしてやっと白っぽくなるくらいかと。
メーカーさんによって隠蔽力がちがうので回数はまちまちですが。

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 004

nori.m

nori.mさん

  
06月05日 14:47違反報告する

先のお二方と同じですが、加えてエアの圧力に比して吹き位置が
遠いみたいですね。
エアガンのノズルから噴き出した塗料がパーツに付着する前に
固まってしまう、少し大げさですがこんな状態です。
きまりはありませんが吹きつけのスタイルで塗料の希釈度合いも
変わりますので色々試してみてください。

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 005

まっさん

まっさんさん

  
06月11日 15:04違反報告する

今さらな回答で申し訳けありませんが・・・
皆さんがご指摘されている通り、塗料が濃いということとエアブラシの位置が遠いのではないかと。

私がこれまでに使用したプラモ用の塗料では、白系は粘度が高く、黒系は粘度が低い傾向にある気がします。このように粘度の差がある塗料を一律の割合で希釈した場合、他の色がちょうど良い濃度なのだとすると、お悩みのように白系だけがザラつくようになってしまいます。
そういうわけで、私は白系を塗装する場合は他の色よりも溶剤を多少大目にして、吹き付け回数を増やすようにしています。
(提示された写真の状態だと、溶剤を2~5倍くらいに増やす必要があるかもしれません)

粘度の違いについては塗料をかき混ぜた時の個人的な感覚ですので正確な数値は分かりませんが、多分顔料の影響だと思います。(というか、顔料以外に違う材料はありませんね・・・)

粘度は、撹拌した棒にどの程度塗料がへばり付くか、及びへばり付いた塗料の流れるスピードを観察してもらえればおおよその目安になると思います。

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 006

Miki Shimizu

Miki Shimizuさん

  
06月11日 17:47違反報告する

塗料の濃度にもよりますが、塗料の種類にも よります。
水性アクリルの場合 こうなることが多いです。
塗料の粒子が空中を飛んでる段階で乾いて 粒状になって堆積していくとこうなります。
私はこれが一番嫌いなので、タミヤアクリルやクレオスのアクリルも ラッカー系溶剤で希釈します。
かなり薄めに希釈して吹いてます。
なかなか色は付かないですけど、ザラツキを抑えながら 緻密な塗膜で塗装していきます。

あと、エアーブラシはしっかり洗浄した方が宜しいです。
一色 吹いたら、ツールクリーナーでウガイさせて、さらにしばらく吹いて、中に残ってる塗料を落します。
これをしないとエアーブラシ自体の寿命も短くなってしまいます。

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 007

Ss_noimage

(退会したユーザ)

  
09月18日 16:46違反報告する

他の方が仰られておられるように
①塗料の濃度が濃い
②エアブラシの位置が遠い
などと推測されます。
私は最初の頃はエアブラシキットを持っていなかったのでハケ塗り→研ぎを繰り返し最後に缶スプレー塗りをしていましたが缶スプレーの末期状態(ガスが少ないのに塗料の残量が多い)に似ている感じがします。

この回答に返信する

Answer 008

よっしーみ

よっしーみさん

  
01月06日 18:15違反報告する

塗装対象とエアブラシの距離が遠い感じがします。
塗料が濃い場合は糸を引いたりするのですが、距離が遠い場合は塗装対象に塗料が届く前に乾いてつぶつぶになったりします
ミレニアムファルコン号のサフで同じことをやらかしました…

ブラボー0 この回答に返信する