模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

更新情報をMyページに通知する

Question

いつでもOK スミ入れに使用する塗料の役割や長短所を教えてください

ジン

ジンさん
05月25日 00:13違反報告する

ガンプラでの質問です。

スミ入れをする際によくエナメル塗料によるスミ入れをよく目にします。

なぜエナメルなのか。自分は経験がないので人の感想ほどの知識しかないのですが...

塗装する方にはエナメルが良いというのはわかります。(アクリル溶剤でふき取る時に下地に影響を与えてしまうのですよね...?)

塗装無しの場合では、アクリルの方が適しているのではないかと考えています。

あるいは、ガンダムスミ入れ用マーカーなど...

やはり、エナメルやアクリルでスミ入れをするのは、調色ができるからなのでしょうか?

エナメルのパーツ割れというリスクを考えると、エナメルを選びかねます...

ガンダムスミ入れマーカーは初心者用としかなり得ないのか...

経験で補うものとは思いますが、先輩方の意見をお聞きしたいです。

日本語をうまく使えているかわかりませんが、どなたか回答よろしくお願いします。

ブラボー0 この質問に回答する8件   ブラボーとは

この質問の回答 8

Answer 001

null

nullさん

  
05月25日 05:47違反報告する

M_image

アクリルは使ったことが無いので自分なりの経験談と方法をお伝えします。
素組みで成型色むき出しで製作する場合、ガンダムスミ入れマーカーを使います。やり方によってはエナメルに比べてローリスク、ハイリターンになるからです。

私個人のエナメルを使うというのは、ぼかしができるために塗装した面には落ち着く、というのが自分なりの考えです。ただし使い方を誤れば私が作った過去の作品のRGザクのようにヒビだらけになってしまいます。

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 003

質問者

ジン

ジンさん

  
05月25日 11:57違反報告する

>>1 nullさん
ご回答ありがとうございます!
このヒビや割れが怖いんですよねぇ...
いずれはエナメルも使用するので、参考にさせていただきます!

ブラボー0 この回答に返信する

Answer 002

モロちゃん

モロちゃんさん

  
05月25日 07:41違反報告する

やっぱりガンプラの場合、基本塗装で使用する塗料が塗膜の強度からしてラッカーが一般的なので、その上からアクリルもエナメルも上塗りしても下地のラッカーは特性的に侵されないのですが、実際にアクリルとエナメルの両方で墨入れをしてみると解るのですが、エナメルはアクリルに比べて流動性が高いので、表面張力でサッと溝に流れてくれます。次に余分にはみ出した塗料の拭き取りもアクリルに比べてエナメルは簡単です。アクリルは専用の溶剤でもなかなか拭き取りにくくて、ゴシゴシやってると、下地を傷付けてしまいます。下地の塗装がアクリルだと、上塗りはエナメルしか選択肢がありませんが、エナメルの溶剤はプラスチックを劣化させるので、多く付着するとプラスチックがボロボロになります。
ガンプラだと、MGの指辺りは注意しないと指がポロッと折れたりします。拭き取りは綿棒に溶剤を浸したらテッシュに一度くるんで余分を取ってから拭き取ると上手く行きますよ。
塗装無しで墨入れだけならガンダムマーカーが一番いいと思います。

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 004

質問者

ジン

ジンさん

  
05月25日 12:02違反報告する

>>2 モロちゃんさん
ご回答ありがとうございます!

塗装アリだとやはりエナメルのがいいんですね。

今回はガンダムマーカーでスミ入れして、塗装を始めてからは恐れながらエナメルを使用する事にします...!

割れないといいんですが、やっておかないとですもんね...(笑

ブラボー0 この回答に返信する

Answer 005

暗闇に続く階段

暗闇に続く階段さん

  
05月26日 00:30違反報告する

M_image

私は未塗装の場合はGSIクレオスのリアルタッチマーカーをよく使います。
私のやり方では、『筋彫り部やモールドを引き立てさせたい場所などにリアルタッチマーカーを塗って、綿棒ではみ出しを拭き取る。』ということを数回くり返してます。
あまりしつこくやっていると、拭き取った場所も、使ったリアルタッチマーカーの色に染まってくるので、注意が必要です。

あと、水性塗料(タミヤ アクリル)での墨入れもやります。
私の場合だと、水でシャバシャバに薄めて使っています。塗料があんまり上手く流れない場合は、筋の上を面相筆でなぞってしまいます。
水性塗料は乾燥すると専用溶剤でも拭き取れなくなってくるので、塗ったら直ぐ拭き取るようにします。乾燥してしまってもラッカー系用溶剤で拭き取れます。

未塗装での墨入れに水性塗料を使用すると、ほとんど"色がついた水"になるので、プラへの攻撃性は低いのではないでしょうか?
ただ、塗装している場合、ラッカー系用溶剤を使えないので、失敗すると大変なことになります。

添付画像は未塗装のポケプラ オーダイル作成時の墨入れで使った道具を書いてみました。

墨入れは人によっていろいろなやり方があると思いますが、結局はご自分のやり易い方法でやるのが一番だと思うので、いろいろ試してみてください。
以上、参考になれば幸いです。

ブラボー2 この回答に返信する

Answer 006

質問者

ジン

ジンさん

  
05月26日 00:57違反報告する

>>5 暗闇に続く階段さん
ご回答ありがとうございます!

なるほど...リアルタッチマーカー購入を検討しているので、試させていただきます。

水性も手元にあるので比較しながら使用します!

ポケプラいいですね(笑

僕もポケモン好きなので1度作ってみたいんです

塗装を始めてからエナメルを使用しようと思います!

ブラボー0 この回答に返信する

Answer 007

まっさん

まっさんさん

  
06月11日 17:03違反報告する

塗料の役割や長所ではないのですが・・・
エナメル溶剤を使用するとなぜ割れるかというと、まず知っておきたいことが2点あります。

①エナメル溶剤はプラスチックに染み込みやすい。
②プラスチックに溶剤が染み込むと強度が低下する。
(エナメル以外でも水性溶剤でもラッカー溶剤でも瞬間接着剤でも同じ)

つまり、エナメル溶剤が染み込むことで日ごろ大きな力を受けているダボの強度が低下しちゃうのでそこから割れちゃうということです。ダボ以外でも曲げてテンションを掛けているようなパーツやロボットモデルの関節のように締め付けているような箇所があれば同じく割れます。

ただし、溶剤は揮発性ですので、染み込んだ溶剤も放っておけば蒸発してしまい、プラスチックの強度も回復します。(多少は低下するかもしれませんが・・・)

というわけで、ここまでくれば対策も考えやすいのではないでしょうか。
対策1:1つの部品毎にスミ入れする。よく乾かしてから組み立て。
対策2:ダボへの力を低減させるためにピンを斜めに切る、もしくは溶剤系の接着剤でダボを接着する。
対策3:ラッカーや水性アクリルでしっかりと塗装し、エナメル溶剤が染み込まないようにガード。
対策4:エナメル溶剤ではなく揮発性の高いジッポオイルを使う。
対策5:エナメル塗料を一度に大量に使わない。

等々、いくらでも対策の立てようはありますし、エナメル塗料は「選ばれた者のみが使える塗料」ではありませんので、あまり怖がらずにチャレンジしてみてください。

ちなみに、「ABS樹脂は塗装すると割れる」も同じメカニズムです。
(スチロール樹脂よりもABSの方が染み込みやすいので、ラッカー塗料でも割れる。)

ブラボー0 この回答に返信する

Answer 008

もんぽよりん

もんぽよりんさん

  
06月21日 00:04違反報告する

最近のプラモデルは、再生材を使用している部品も多くエナメル系(灯油系)の塗料に大変弱いので、昔のプラモデルのように、全体を平筆で黒に塗りあとで溶剤でふき取るといった大技が使えなくなっていますね。ここで注意したいのは本塗装の塗膜面です。
塗装時、高圧で濃度の高い塗料をエアブラシで吹きつけると表面がざらざらになってしまいます。この状態で墨入れを筆などですると、溶剤でふき取っても黒くくすんだ状態になりがちです。まず塗膜をなめらかにすることが先決です。エアブラシの場合低圧で溶剤の多めの塗料で(リターダを使うとなおよろし)ふよふよと塗るとうまくいきます。滲みやすいつや消し塗料も同様です。

ブラボー0 この回答に返信する