模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

更新情報をMyページに通知する

Question

いつでもOK エポパテによるツインメリットコーティングの上手なやり方について教えてください。

ナオキ

ナオキさん
09月29日 12:19違反報告する

第二次大戦のドイツ軍戦車を作る場合、避けては通れないツインメリットコーティングについての質問です。
最近はエポキシパテ+ローラーが主流のようですが、ベビーパウダーを混ぜたり雑誌やネットで紹介されているようにしてるつもりが、ローラーが詰まったり、ローラーが途中ではずれ落ちたり、そもそもパターンが上手く刻めず断念しております。
そのため、今だにポリエステルパテ+エッチングソーを使っています。この方が私にはやりやすいのですが、反面、リベットなどのモールドが潰れてしまいます。
どなたかエポパテ+ローラーで失敗の少ない方法が有りましたら教えてください。
よろしくお願い致します。

ブラボー2 この質問に回答する5件   ブラボーとは

この質問の回答 5

Answer 001

質問者

ナオキ

ナオキさん

  
09月30日 18:57違反報告する

その後色々と調べたところ、最適なパテはwaveのミリプット、混ぜる際にメンソレータムを練り込み、向こう側が透けるくらいに薄く延ばし、貼り付けるプラの面には食器用洗剤を1、2滴垂らした水を塗ると良いということがわかりました。
あとは実践です。

ブラボー4 この回答に返信する

Answer 002

出モラー

出モラーさん

  
10月01日 20:58違反報告する

M_image

初めまして、僕はいつもコーティングローラーです。
タミヤのエポキシパテ(速硬化ではない方)をアクリル溶剤と爪楊枝で車体に薄く伸ばし付けています。ローラーは何度か往復させて刻みを深くしています。
ローラーの目詰まりはあまり気にせず行っています。ズレや刻みの浅いものは「実際生産工場であったであろう手作業の模型的表現」と割り切っています。

写真は最近作ったタミヤのタイガーです。

ブラボー6 この回答に返信する

Answer 003

質問者

ナオキ

ナオキさん

  
10月06日 12:27違反報告する

>>2 シテメンコ大佐さん
ありがとうございました!
アクリル溶剤で溶くこと、爪楊枝で延ばすこと、初めて知りました。
今までは撹拌棒の平べったい部分で塗りつけていましたが、厚くなってしまっていました。
次のコーティング作業で早速試してみます。
ありがとうございましたm(_ _)m

ブラボー1 この回答に返信する

Answer 004

出モラー

出モラーさん

  
10月06日 16:07違反報告する

>>3 ナオキさん
広い面には竹串も使えます。細かい部分は先端で。
アクリル溶剤はパテに付けるよりは、爪楊枝・竹串に付ける方が剥がれにくく伸ばしやすいです。

ブラボー3 この回答に返信する

Answer 005

Miki Shimizu

Miki Shimizuさん

  
10月09日 00:06違反報告する

M_image

アーマーモデリング誌に記事が出て、すぐに真似てみたPanterA型です。
自作のローラーとスタンプで施しました。
この時はタミヤエポキシパテで施しましたが、パテが硬めだったので延ばすのに苦労しました ^^;
ポイントは
・極力 均等に薄めにエポキシパテを伸ばすこと。
・延ばしたらパテ表面に水を塗って ローラーにも水をつけて転がします。
 極力粘らせない方がやり易いです。数回転がす度に水を付けます。
・定期的にローラーの目つまりを楊枝等でとる。そのままだと上手く刻めません。
・欲張らずに一面ずつ 処理していく。

パテの種類等は好みもあるので、いろいろ試すのが良いです。
メンタムは使ったことないです。油分なので、できれば塗装前にシンナーで拭いて油分を落した方が塗装を考えると良いと思います。

ブラボー4 この回答に返信する