模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

エアブラシによる塗装

【第15回】エアブラシによる塗装


エアブラシを使って本塗装をしていきますが、色彩的な抑揚を演出して表面の情報を増やしてやるのがエアブラシ塗装のポイントです。

ブラボー5 お気に入り登録1   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
塗装
テクニック
エアブラシによる塗装 

エアブラシ塗装のポイント

エアブラシを使って本塗装をしてゆきますが、私の場合には全体をムラ無く均一に塗るということを目指していません。なぜなら立体物には必ず陰影が発生するため下面は上面よりも暗くなりますし、へこんだ部分が明るくなる事もあり得ないからです。
塗装においてもその事を常に意識する必要があるのと、色彩的な抑揚を演出して表面の情報を増やしてやるかが模型の魅力の一つだと考えているからです。
そのためにも細やかな調整が可能なエアブラシを使うことになるのですが、もちろん筆でも同等以上の事ができるので双方の技術をバランスよくマスターしていくと素晴らしい表現が可能となります。

 

このケースではタミヤのアクリル塗料を使って本塗装を進めていきます。エアブラシで塗装する場合には専用の溶剤で約2倍程度に希釈して吹き付けていきますが、ラッカー系の塗料に比べてやや粒子が大きいのでエアブラシのノズルは0.5mmのものを使用しています。溶剤は買ってきた時の容器から直接使うのではなく、調味料などを入れておく口の細いソース入れなどの容器に移し替えて使っている点にも注意してください。

公開日 2014/05/28


ブラボー5 お気に入り登録1   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。