模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

計測用具の紹介&使い方 その2

【第6回】計測用具の紹介&使い方 その2


続いては「ノギス」と「デバイダー」の紹介です。
少しなじみの薄い道具かもしれませんが、使い方をマスターすれば強力な武器になるスグレモノです。
最近は簡易的なプラ製のノギスも見かけますが、専門店等で精度の高いものを選んでおくと後々後悔することがありません。

ブラボー5 お気に入り登録3   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
カスタマイズ・改造
テクニック
プラ素材を使った形状変更 

 

 

ノギス

コジマ大隊長

ノギスを使ってケガキ

主尺と副尺から成る少し不思議な形をした道具ですが、動画で紹介しているように4通りの計り方が1本でできる計測器具です。
特にクチバシと呼ばれる部位は先端側が少し長くなっていて、任意の幅で副尺のネジを固定した状態でクチバシを材料の端に引っかけてスライドさせることで、設定した幅をケガクことができます。
覚えておいて頂きたいテクニックです。

デバイダー

コジマ大隊長

デバイダーはコンパスの両端が針になっているような道具です。
同じ寸法で等間隔の採寸をする時に使います。
当然コンパスのように円をケガク事もできます。
デバイダーが最も威力を発揮するのは、パーツの左右同じ所を位置出しする時です。

写真のように、パーツの任意の角2カ所からそれぞれ円弧をケガクとできる交点は、パーツの左右や表裏でも同一の箇所が得られます。
貫通穴をあける時など、アタリをこの方法で得ることができます。

公開日 2014/03/27


ブラボー5 お気に入り登録3   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。