模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

切り出したパーツを接着する

【第9回目】切り出したパーツを接着する


切り出したパーツを接着する行程の説明をします。
私の場合には作業スピードが早いので「瞬間接着剤」を基本に使いますが、素早く強力に接着できるためには、下準備を的確に行わなければ、ズレた状態で接着してしまうなどトラブルが発生してしまいます。
そこでトラブルを回避して作業をスムーズに進めるためのいくつかのTipsを以下の動画で紹介します。

ブラボー3 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
組立・接着
テクニック
瞬間接着剤による接着 

接着を効率よく行うコツ

ポイントとしては、ポリプロピレンという素材はごく一部のものを除いて接着材が効かない材料ですので、この特性を利用すると不必要な箇所との誤接着を防ぐことができます。後の行程でもこの応用技を紹介します。
曲面部分は曲げやすい性質を利用して0.5mmのプラ板を使っていますが、2枚重ねる事で他の部位と同じ1mm厚を確保できます。無理をして1mm板を曲げようとすると材料の反発力が強くなります。「急がば回れ」で行程を分割するのも効率化のキモとなります。
また画面上のカッティングマットにガムテープを貼って、そこに瞬間接着剤を適量出している点も私の作業上の特徴で、テンポよく進めていく上での工夫でもあります。

公開日 2014/05/22


ブラボー3 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。