模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

仮組みをしてみよう

タミヤ「1/35 MMシリーズNo.164 ドイツ重戦車キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」を作る


プラモデルの戦車模型製作を、わかりやすく解説していきます。この連載では、タミヤから発売されている「1/35 MMシリーズNo.164 ドイツ重戦車キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」を取り上げて、戦車模型製作の魅力をお伝えします。

ブラボー1 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
組立・接着
テクニック
仮組み 

仮組みをしてみよう

RCハマー

スプレー缶による迷彩塗装が済んだら、各パーツをはめ合わせて「仮組み」をしましょう。これはパーツの“合い(はめ込みや差し込み部分が、合っているか)”を確認するためです。また、迷彩塗装の場合は、パターンの状態を確認することも目的です。

各部をチェックしよう

RCハマー

車体に砲塔と砲身を取り付け、左側面のみキャタピラを履かせてみました。やっと戦車本来の姿になったわけですが、それと同時に問題点も見えてきます。この段階でチェックするのは、「どの部分が完成時に見え、どこが見えなくなるか?」ということです。今回は完成時の外観を重視しますから、見えない内部構造は手を加える必要はありません。また、特に塗装の難しいフィギュアも省いています。そのかわり、前面の機銃の銃口や、管制灯の配線といった“追加加工”が必要になります。

公開日 2013/03/22


ブラボー1 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。