模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

最終組み立てをしよう

タミヤ「1/35 MMシリーズNo.164 ドイツ重戦車キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」を作る


プラモデルの戦車模型製作を、わかりやすく解説していきます。この連載では、タミヤから発売されている「1/35 MMシリーズNo.164 ドイツ重戦車キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」を取り上げて、戦車模型製作の魅力をお伝えします。

ブラボー1 お気に入り登録0   ブラボーとは


カテゴリ
プラモデル
製作工程
組立・接着
テクニック
流し込み用接着剤による接着 

最終組み立てをしよう

RCハマー

車体に水転写デカールを貼り終えたら、モデルの最終的な組み立て作業を行います。車体に取り付けていない装備品と、車体各部の細かい部分を筆塗りで塗装しましょう。車体と同じ色の部分は、エアブラシで吹き付けたアクリル塗料ミニを使用しますが、希釈してあるので3回程度の重ね塗りをします。それ以外の部分は、エナメル系塗料を筆塗りしました。エナメル系塗料は乾燥に時間がかかる反面、筆塗り時の“伸び”と発色が良く、ラッカー系に起こりがちな“筆ムラ”が起きにくい特性があるからです。なお、先述したように、装備品を車体に固定する部分は、接着後に迷彩と同色で塗装します。なお、排気管だけはこの段階でも接着しません。

基本的な完成

RCハマー

車体に装備品を接着し、それらの固定部を塗装すれば、モデルは一応の完成となります。迷彩カラーなので“それらしく”見えますが、戦車特有の重厚感や威圧感はさほど感じられません。それらはこの後、「ウェザリング」と呼ばれる汚し塗装によって醸し出していきます。

公開日 2013/03/22


ブラボー1 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。