模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ライブラリー

名列車図鑑~車両編成からディテールまで!

名列車図鑑~車両編成からディテールまで!
歴史に残る特急列車や急行列車の栄枯盛衰を、運転区間や編成の編成などを含め、多角的に紹介していきます。
【 最新記事 】

「狩勝」

第91回「狩勝」
石勝線の開業前、優等列車は滝川から根室本線に入り、富良野を経由していた。その当時の代表的な急行が「狩勝」だ。その名は落合〜新得間の雄大な狩勝峠が由来で、昼・夜行両方が運転されていたが、夜行の方は寝台車主体の編成が組まれ、時刻表上にも北海道の列車としては珍しく「寝台列車」の表記が付けられていた。
【 目次 】

世界の兵器 陸の王者たち

世界の兵器 陸の王者たち
第二次世界大戦において陸戦の戦術に革命をもたらし、その後コンピューター制御の火器システムを搭載するハイテク・マシンとして発展を遂げた、戦車などの重装甲車を取り上げます。
【 最新記事 】

パナールEBR

第90回パナールEBR
 パナールEBR装甲車は、パナール社が開発・製造した偵察戦闘車(装輪装甲車)である。75mm砲装備のEBR 75と90mm砲装備のEBR 90がある。 EBR装甲車の大きな特徴の一つは、八輪ある車輪のうち中央寄りの四輪を持ち上げることが可能で、必要に応じて四輪式車両にも八輪式車両にもなれることだ。
【 目次 】

鉄道名情景紀行

鉄道名情景紀行
風光明媚なローカル線、メインルートとしての使命を終えた幹線などなど、鉄道の旅を追体験します。沿線の名情景は、鉄道ジオラマを作る時にも、お役立ちです。
【 最新記事 】

紀勢本線 和歌山〜白浜

第90回紀勢本線 和歌山〜白浜
真冬でも春の気分が満喫でき、夏には海のレジャーの定番として、京阪神のみならず全国から多くの観光客が訪れる紀勢本線。紀伊半島をめぐる専用のリゾート列車「きのくにシーサイド」でゆったりとした旅を満喫してみたい。
【 目次 】

世界の兵器 海の覇者たち

世界の兵器 海の覇者たち
海を舞台に繰り広げられた戦いの主役から、航空戦力等のサポート役などその役割を変えてきた様々な軍艦をピックアップします。
【 最新記事 】

ローリー級、オースティン級

第90回ローリー級、オースティン級
 ドック型揚陸艦は、艦内に持つウェル・ドックに収容した上陸用舟艇を用いた揚陸を主体として行う軍艦。「 ローリー」級ドック型輸送揚陸艦はアメリカ海軍が運用していた。揚陸輸送艦 (LPA) と貨物揚陸艦(LKA)の機能を統合したもので、強襲揚陸艦の元祖とされている。「オースティン」級ドック型輸送揚陸艦はローリー級に次いで建造された。
【 目次 】

零戦の系譜

零戦の系譜
第二次世界大戦期における大日本帝国海軍のの主力戦闘機として活躍した零式艦上戦闘機、通称零戦。各型式の装備やスペックを中心に、その戦闘・飛行性能を振り返ります。
【 最新記事 】

戦闘爆撃機となった六二型

第12回戦闘爆撃機となった六二型
一一型として制式採用されて以来、海軍の主力戦闘機の座を守り続けてきた零戦も、アメリカが性能を向上させた新型戦闘機を投入してくる状況の中で、空中戦で互角に戦うのは難しくなった。そこで旧式化した艦上爆撃機の代替として爆弾投下装置を備えた六二型及び六三型が生産された。六二型は零戦が、もはや主力戦闘機ではなくなったことの証ともいえる型だった。
【 目次 】

世界の兵器 空の支配者たち

世界の兵器 空の支配者たち
二度の世界大戦時から冷戦期、そして現代に至るまで、大空を縦横無尽に駆け巡った戦闘機、爆撃機、攻撃機などの主要軍用機を紹介します。
【 最新記事 】

川崎五式戦闘機(キ-100)

第90回川崎五式戦闘機(キ-100)
 川崎五式戦闘機は第二次世界大戦時の日本軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ100。略称・呼称は五式戦。川崎内では「きのひゃく」または「ひゃく」、陸軍航空敞では「きひゃく」または「ひゃく」と呼ばれていた。日本陸軍最後の制式戦闘機とされる軍用機である。
【 目次 】

フェラーリ名車図鑑

フェラーリ名車図鑑
世界的なスポーツカーメーカーとしてその名を轟かせるフェラーリ。なかでも人気の「名車」を徹底解説するとともに、第1号車から現役車までの“栄光の系譜”を辿ります。
【 最新記事 】

エンツォ・フェラーリ

第18回エンツォ・フェラーリ
眺めるだけで身震いするほどの、空力特性を追求したボディライン。その名はエンツォ・フェラーリ。GTカーの中では他に追従を許さない存在である。時速350キロの興奮を味わいたい者のために、マラネロの技術陣が生んだ極限のグランツーリズモだ。
【 目次 】

帆船航海史大全集

帆船航海史大全集
“キング・オブ・ホビー=趣味の王”と呼ばれる、帆船模型作り。 帆船の歴史は、15世紀、西洋の「大航海時代」とともに始まります。まだ蒸気機関もない時代、風の力だけを頼りに、人々は未知の大海原に果敢に乗り出していったのです。その歴史を知ることで、帆船模型作りは、もっと楽しいものになることでしょう。
【 最新記事 】

帆船終末期の輝き~高速帆船クリッパー船の登場と帆船時代の終幕

第12回帆船終末期の輝き~高速帆船クリッパー船の登場と帆船時代の終幕
クリッパー船と呼ばれる最初の船は、アメリカ合衆国のニューヨークで1845年に建造された「レインボー号」です。
【 目次 】