模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

「おが」

【第100回】「おが」


かつては「津軽」「おが」「出羽」「ざおう」といった夜行急行4列車が奥羽路の夜を飾っていた。このうち「おが」は「津軽」の補完列車として登場したが、「津軽」や「つばさ」に追われる生涯で、最盛期でも不定期を含めて昼夜行3往復のみという弱小勢力だった。昭和40年代後半には早くも存在感が薄くなり、昼行は57.11改正、夜行は60.3改正で姿を消している。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


当初は「男鹿」の名で「津軽」を補完38.10改正では「おが」に改称

「おが」は「男鹿」の名で36.10改正から登場した夜行客車列車だったが、43.10改正では昼行客車急行「たざわ」を吸収し気動車化することでキハ58型気動車グループによる昼行が加わった。

昭和36(1961)年10月1日改正まで、奥羽本線経由の夜行優等列車は、上野~青森間の急行「津軽」とそれを補完する上野~新庄間の不定期急行「出羽」のみという状態だった。このうち「津軽」の方は、湯沢や横手、大曲といった秋田県南部の中小都市への利用者が多く混雑を呈していたことから、36.10改正においてそれを補完するために上野~秋田間の急行「男鹿」が1往復設定された。この列車名は文字通り秋田県北部に位置する男鹿半島から命名されたもので、運転開始当初のダイヤは、403列車/上野22時15分→秋田9時48分、404列車/秋田18時20分→上野5時46分だった。下りの場合、上野発は「津軽」が発車した45分後となり、終点の秋田では青森行きの気動車準急「岩木」に7分で接続するなど、秋田県北部への連絡も考慮されていた。 昭和37(1962)年10月1日改正では、奥羽本線の昼行急行「鳥海」が東北本線内で併結していた「みやぎの」が電車化されたことから単独運転となり、列車番号が401・402列車に改められた。これにより「男鹿」は405・406列車に、「津軽」は403・404列車に列車番号が変更されている。 昭和38(1963)年10月1日改正では、1往復増発され2往復となったが、列車名は「男鹿」の名が難読であったことから仮名書きの「おが」に改められた。これにより従来の「男鹿」は407・408列車「第2・1おが」、増発分は403・404列車「第1・2おが」となった。「第1・2おが」のダイヤは、403列車/上野19時45分→秋田7時12分、404列車/秋田18時46分→上野6時32分で、上りの「第1おが」「第2おが」の秋田発は28分差と運転時間帯がかなり接近していた。 昭和40(1965)年10月1日改正では「おが」は再び1往復となる。403・404列車「第1・2おが」が青森まで延長され、上野~青森間の401・402列車「第1・2津軽」となったためで、この状態は昭和43(1968)年10月1日改正まで続くことになる。

43.10で昼夜行各1往復を吸収45.10では定期が昼行1往復のみに

気動車で運転された昼行「おが」は上野~秋田間の長距離急行であるにも関わらず区間利用者が多く、夜行とは対照的な顔を見せていた。

昭和43(1968)年10月1日改正で奥羽本線は、山形まで電化開業したことにより上野~山形間に455系による電車急行「ざおう」の運転を開始。一方、昼行急行の列車名の整理が実施され、上野~秋田間の昼行客車急行「たざわ」と上野~大館間の不定期夜行急行を「おが」に改称、「おが」は昼・夜行を含めた3往復となった。当時のダイヤは次の通り。 ・おが1・1号 101D~401D/上野6時55分→秋田17時20分、402D~102D/秋田11時10分→上野21時38分(上下とも上野~福島間は「八甲田1号」に併結)。 ・おが2・3号 6401列車/上野20時04分→大館8時59分、6402列車/大館18時55分→上野9時24分(上下とも上野~福島間は「八甲田51号」に併結)。 ・おが3・2号 403~8413列車/上野21時15分→秋田8時36分・8時54分→男鹿9時52分、8414~404列車/男鹿18時20分→秋田19時20分・19時50分→上野6時50分(上下とも秋田~男鹿間は不定期運転)。 このうち、昼行「1・1号」は、繁忙期に限り全区間が単独運転となっていた。また、定期夜行「3・2号」は、不定期ながら「おが」の名に相応しく、男鹿半島の玄関駅・男鹿まで乗り入れるようになった。 しかし、この3往復態勢が続いたのはわずか2年で、昭和45(1970)年10月1日改正では、奥羽本線に初の定期寝台特急「あけぼの」が登場したことにより、不定期夜行「2・3号」が廃止となり、定期夜行「3・2号」は不定期に格下げられた。その結果、残る定期「おが」は昼行1往復のみとなった。

長距離急行でありながら実態はローカル急行に近かった昼行「おが」

58.7から「津軽」に使用されていた20系が「おが」にコンバートされた。これが「おが」の最後の姿で、男鹿線内ではDD51牽引の快速列車として運転された。

昭和40年代後半から昭和50年代にかけては、奥羽本線にも特急化の波が本格的に訪れていた。特に同線の昼行特急である「つばさ」は、昭和50(1975)年10月13日の全線電化開業を機に、同年11月25日より181系気動車から485系電車に置き換えられスピードアップを果たしていた一方で、「おが」はキハ58型グループでグリーン車以外は全車非冷房という旧態依然の形で運転され続けた。上野~秋田間の長距離列車でありながら、その実態は乗客のほとんどが区間利用者というローカル急行に甘んじていたことから、昭和57(1982)年11月15日改正で廃止された。 この間、不定期夜行1往復の方は、昭和55(1980)年10月1日改正で14系座席車に置き換えられ、昼行よりひと足早く近代化を果たした。さらに昭和58(1983)年7月1日からは20系に置き換えられたが、これは昭和57(1982)年11月15日改正で同系に置き換えられた「津軽」の利用率が高く、自由席がナハ21のわずか3両では乗客の積み残しが多かったことから、「おが」と運用を振り替えたことによる結果だった。その夜行「おが」も東北新幹線が上野まで開業した昭和60(1985)年3月14日改正では、昼行移転が進むと判断されたことから、あえなく廃止されてしまった。

※この記事は、週刊『鉄道データファイル』(デアスティーニ・ジャパン刊)を基に構成したものです。

公開日 2021/06/01


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。