模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

M48

【第13回】M48 <戦車>


M48主力戦車は、中東からアジアに至るまで世界中に展開してきた。ベトナム戦争では、アメリカ軍が使用した最も強力な装甲車両がM48であった。ジョージ・パットン将軍(第二次世界大戦で活躍したアメリカ陸軍の名将)の未亡人が、この戦車をパットンと命名した。48シリーズの生産は1959年まで続けられ、11,700両あまりが生産された。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


急造戦車

デアゴスティーニ編集部

▲イスラエル型のキューポラと105mm砲など近代改修を施したM48A5。イスラエルのM48は105mm砲、ディーゼル・エンジン、扁平な車長用キューポラを採用している。車両の多くには、イスラエル国防軍のM60戦車にも採用されている爆発反応性装甲(ERA)が後から付けられている。

朝鮮戦争でアメリカ陸軍の近代戦車不足が露呈すると、M48中戦車が急遽設計され、同戦争後の1953年に製造に移された。急場しのぎだったM47の代替車両となる中戦車の設計は、1950年代初頭にT48の名称で開始され、試作1号車が完成する前からすでに発注が行われていた。最初の量産戦車M48は、1952年7月にクライスラー系列のデラウェア戦車工場で完成。この戦車には、第二次世界大戦における最も有名な戦車指揮官、ジョージ・パットン将軍にちなんで「パットン」という名前が付けられた。元来は急造戦車であったM48だが、近代化キットなどによって、その運用寿命は21世紀にまでおよんでいる。
1950年代当時の世界情勢を反映して、非常に短い開発期間で完成されたことから、配備を急いだがために、M48はさまざまな初期不良に悩まされた。M48は、そこそこの装甲防御力と比較的強力な兵装を有する信頼性の高い戦車であったが、当初の走行距離はわずか113kmしかなく、しかも複雑な望遠式測距装置が先行モデルのM47からそのまま受け継がれていた。この測距装置のおかげで、90mm主砲は1,500m以上の射程でも正確な射撃を行うことができたが、乗員からは不評だったのである。
その後、M48の後続として、M48A1、M48A2、M48A3が登場したが、M48A3には、問題を解決するために数多くの修正が施され、AVDS-1790-2Aディーゼル・エンジンが搭載された。このエンジンのおかげで、作戦行動距離は大幅に延びて2倍以上の463kmとなった。そして次のM48A3で、アメリカ陸軍はようやく要求通りの戦車を手にすることとなる。ディーゼル・エンジンと単眼合致式測距装置を搭載したM48A3は、1966年、第1大隊第69機甲連隊によってベトナムに投入された。M48は比較的軽量であるため、ベトナムの湿地帯に適していたのだ。M48A3はベトナム戦争中にアメリカ軍が最も多用した戦車だ。

M48の兵装

デアゴスティーニ編集部

▲12.7mm重機関銃M2の操作と装弾を車内から行うことが可能なM1車長用キューポラを搭載したM48A1パットン。

M48、M48A1、M48A2、M48A3はすべて、90mm M41主砲、主砲同軸に7.62mm機関銃1挺、車長用キューポラ上に12.7mm機関銃1挺を装備している。運用寿命を延長するため、1970年代半ばにM48A5を開発。M48初期型を改造して、105mm M68主砲、砲塔上面に7.62mm M60D機関銃1挺を装備し、新型のパワーパックを付加した。1975年からアニストン陸軍施設が改造を請け負い、2,000両以上がM48A5仕様に改造された。
アメリカはM48からM48A5への改造キットを他のM48運用国にも供給している。西ドイツでは、ウェッグマン社が同国陸軍の約650両のM48A2をM48A2GA2に改良した。この型では、イギリス製の105mm L7A3砲と新型の砲弾ラックが搭載され、新型の車長用キューポラ、暗視装置、煙幕発射装置などが導入され、火器管制システムも改良されている。
M48戦車の走行用基部は、M88ARV(回収戦車)、M53およびM55自走砲などにも採用されている。アメリカ軍のM48は南ベトナムで戦闘に参加し、パキスタン軍ではインド軍との戦いに投入され、イスラエル軍はヨルダン、エジプト、シリアとの戦いにM48を投入した。M48は、十分に信頼性の高い戦車であることがすでに実証されており、105mm L7A3もしくはM68主砲を装備して、特にAPFSDS-T(翼安定式離脱装弾筒付曳光徹甲弾)を使用した場合には、1990年代までに登場したほとんどの戦車の撃破が可能である。

諸 元

デアゴスティーニ編集部

▲西ドイツ軍のM48。T字型のマズルブレーキが確認できるため主砲はM36 90mm戦車砲である。

M48A3
乗員:4名
寸法:全長8.69m(主砲含む)、車体長6.88m、全幅3.63m、全高3.12m
エンジン:出力750馬力のコンチネンタルAVDS-1790-2A空冷12気筒ディーゼル・エンジン1基
全備重量:47.17t
性能:最大路上速度48.2km/ h、最大路上航続距離463 km、渡渉水深1.22m、登坂能力60%、越堤能力0.92m、越壕能力2.59m
兵装:90mm M41旋条砲1門、7.62mm機関銃1挺(主砲同軸)、12.7mm対空機関銃1挺

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2014/01/29


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。