模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

M18ヘルキャット

【第16回】M18ヘルキャット  <駆逐闘車>


M10が戦車駆逐大隊用に既存の戦車車体(M4A2)を転用して作られたのに対し、M18対戦車自走砲は戦車駆逐車として一から設計された。設計作業は1942年に開始され、この時点ではT70と呼ばれていた。最初の車両が完成したのは、1943年のことである。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


最速の装軌車両

デアゴスティーニ編集部

▲M18の量産は1944年10月に終了し、それまでに2,507両が生産された。この傑作戦闘車両は、アメリカ陸軍の戦車駆逐部隊専用に設計された唯一の車両であり、超重戦車を除くすべてのドイツ戦車に対抗することができた。

M18は、アメリカの戦車駆逐車コンセプトの中では、実用上最も成功した作品のひとつである。M10よりも小型でコンパクトに仕上げられたM18は、敵に発見されにくいという利点を備えていた。重量はM10のほぼ半分であったが、武装はより強力で、しかも速力に優れていた。事実、M18は第二次世界大戦最速の装軌車両であった。戦車駆逐大隊に配備されたM18には、ヘルキャットという名称が与えられた。
M18のエンジンは、航空機用から転用した空冷星形ガソリン・エンジンで、車体後部に配置された。このエンジンのおかげで、M18は優れた出力重量比を備え、卓越した加速性と機動性を有していた。車体内部には5人の乗員が乗り組み、さらに76.2mm砲弾45発を搭載することができる。自衛および対空防御用には、12.7mm機関銃1挺を装備していた。砲塔後部のバスル部分には、追加器材や乗員の個人装備などを収納することができた。主砲には、口径76.2mmのM1A1砲、もしくはマズル・ブレーキ装備のM1A2砲が搭載された。M1A1は、M10が搭載したM7砲の改良版で、総合的な性能が向上しており、915mの距離から100mmの装甲板を貫通する能力があった。
M18は外観上は戦車そのものであり、砲塔も360°の旋回角を有していたが、装甲は戦車というにはほど遠く、最大でも12.7mm止まりだった。しかも、砲塔は従来と同様の開放天井式で、防水キャンバスにより雨露をしのぐことはできたが、砲塔乗員は頭上からの射撃に対してまったく無防備だった。このため、M18の戦場における生存性は、機動力とシルエットの低さ、そして打撃力に依存するしかなかった。

多数の派生型

デアゴスティーニ編集部

▲M18ヘルキャットは、第二次世界大戦期では最速の装甲戦闘車両である。長砲身76.2mm砲を搭載したM18は強力なタンク・ハンターだったが、他の同種の戦闘車両と同様に装甲が薄く、砲塔も開放天井式だった。

M18の生産は1943年7月に開始され、戦争の終わりが見えてきた1944年10月まで続けられた。この間に合計2,507両が製造され、一部は砲塔を省略したM39多用途装甲車として完成している。M39は、砲牽引車や移動指揮通信車などとして使用された。
そのほかにも、M18をベースに開発された派生型はいくつか存在する。T65火炎放射戦車は、M18の車体上部構造を大幅に改造して、前部に火炎放射器を取り付けたものである。また、M18の基本車体に105mm榴弾砲を搭載したものは、T88自走榴弾砲の名称で呼ばれたが、この車両は試作のみに終わっている。さらに、90mm砲塔を基本シャシーに搭載した車両や、水陸両用モデルなどもあったが、これらも試作段階より先には進まなかった。
M18はノルマンディー上陸作戦以降米軍の戦車駆逐大隊に配備され、ヒットエンドランを信条とした軽快な 戦闘車両として活躍した。 実戦では大きな成功を収めたM18だが、専門の戦車駆逐車コンセプトに対する熱意が薄れると、次第に他の用途に転用されるようになった。そして、1945年までには、多数のM18がアメリカ陸軍の一般的な機甲編成に組み入れられ、その多くが突撃砲か通常の自走砲として運用されるようになっていた。M18は多数の車両が、武器貸与法に基づいて、1945年以前に複数の連合国(ソ連を含む)に供与されている。

諸 元

デアゴスティーニ編集部

▲M18ヘルキャットの車体を流用した多用途装甲車M39。牽引・輸送・偵察などに使用された。

M18
乗員:5名
寸法:全長6.65m、車体長5.44 m、全幅2.87m、全高2.58m
エンジン:出力340馬力のコンチネンタルR-975 C1空冷星形ガソリン・エンジン1基
重量:17,036kg
性能:最大路上速度88.5km/ h、路上航続距離169km/h、渡渉水深1.22m、登坂能力60%、越堤能力0.91m、越壕能力1.88m

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2014/04/25


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。