模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ストライカー

【第31回】ストライカー <機動砲>


ストライカー機動砲システム(MGS)は、当初は105mm LPT突撃砲と呼ばれていた。LPTとは「低プロファイル・ターゲット」の略語で、この車両の低いシルエットに由来している。同車両は、オーストラリア軍、カナダ国防軍、さらにはアメリカ軍の将来の要求に応えるべく1990年代後半に開発された。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


ストライカーの誕生

デアゴスティーニ編集部

▲105mm砲M68A1E4を装備したGDLS社製の「105mm低姿勢砲塔」を搭載している M1128 ストライカーMGS。

当初開発を担当したのはゼネラル・モーターズ・オブ・カナダ社(現ゼネラル・モーターズ・ディフェンス社)のディーゼル部門で、同社が最新型のLAV-III軽突撃車両の8×8型を供給し、これにゼネラル・ダイナミックス・ランド・システムズ社の低プロファイル砲塔が搭載された。LAV-IIIは、カナダ国内でライセンス生産されたモワーグ・ピラーニャ8×8ファミリーの発展型である。最初の試作車は1999年に登場し、アメリカ陸軍の旅団戦闘チーム(BCT)に直接火力支援を提供するストライカーMGSとして採用された。
LAV-IIIのシャシーはMGS任務用に改造されており、主な変更点としては、砲塔を支持するレース・リング(ボール・ベアリング等が通る環状の溝)を介したターン・テーブルの設置が挙げられる。車体両側および後部にも改造が施されており、天井部には主砲用自動装填機への再装填用ハッチがある。鋼鉄製の装甲は、12.7mm徹甲弾の砲撃に耐えることができる。この外部的防御に加えて、砲弾が外部装甲を貫通した場合に剥落を最小限に抑えるため、重要個所の内部には複合素材の層が貼られている。さらなる防御としては、エンジン室(車体前部の操縦手の右側)および乗員室用の火災検知/消火システムがあり、全車的なNBC防御システムも装備されている。砲塔および操縦席上の固定式直立ポストは、対戦車ミサイル誘導ワイヤのカッターとして機能する。全規模生産車両には、発煙弾発射器4基の列が2列装備される。ストライカーMGSは空輸が可能で、その重量・寸法はC-130ハーキュリーズ輸送機にぴったりである。他のストライカー・シリーズと同様、MGSも水陸両用ではないが、渡渉水深は1.7mである。普通の路上では後部2車軸のみを駆動して走行し、荒れた地表では8×8駆動が選択される。

射撃統制

デアゴスティーニ編集部

▲2009年、イラクのジョイントベースバラドで超大型長距離輸送機C-5に搭載されるストライカー。

搭載する砲は105mm M68A2旋条砲で、旋回角は360°、俯仰角は−8°〜+18°である。この砲には、油圧式自動装填機が砲尾後部のバスルに備えられており、ここには即時発射可能弾を8発まで収納可能である。M68A2旋条砲は、運動エネルギーAP弾を含むすべてのNATO標準105mm戦車砲弾を発射可能だが、ストライカーMGSの作戦上の主任務は装甲戦闘車両との交戦ではなく、あくまでもBCT歩兵部隊に対する直接火力支援の提供である。
主砲の照準は、ゼネラル・ダイナミックス・カナダ社製コンピュータ制御射撃統制システムを使用して砲塔天井下から行う。車長は砲塔下部右側に着座し、6基のペリスコープ式ビジョン・デバイス、または、低光量および夜間視界機能付き安定化パノラマ・カメラによる画像、もしくは、天井マウントの射撃手の照準器を介した画像をモニターすることによって目標を選択する。その後射撃任務は、砲の下部左側に着座する射撃手に委ねられ、車長は別の目標を探索する。必要であれば、車長は自身用に備えられた砲制御および照準ディスプレイ・セットを用い、射撃手に優先して照準・射撃を行うことができる。照準器および砲は完全に安定化されており、車両が移動中でも射撃可能だ。すべてが故障した場合に備えて、砲身位置に連動する7倍率光学昼間用照準器が射撃手用にバックアップ装備されている。
ストライカーMGSのその他の装備としては、GPSによる地上ナビゲーション・システム、車内および外部との通信装置、3名の乗員(車長、射撃手、操縦手)用の空調暖房装置がある。オプション装備としては、補助動力装置と油圧式自己回収用ウィンチが用意されている。

諸 元

ストライカーMGS
乗員:3名
寸法:車体長6.98m、全幅2.72 m、全高2.69m
エンジン:出力400馬力のキャタピラー3126Aディーゼル・エンジン1基
重量:18,730kg
性能:最大路上速度96.5km/ h、最大走行距離約483km、渡渉水深1.7m、登坂能力60 %、越堤能力0.6m、越壕能力2m

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2015/07/30


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。