模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ルノーFT17

【第77回】ルノーFT17 <戦車>


 ルノー FT-17 軽戦車は、1917年2月に製作されたフランスのルノーが開発した軽戦車である。近代戦車は第一次世界大戦中に初めて登場したが、その中で、FT-17の設計は各国の戦車に比べ最も革新的で、以降の戦車の基本形となった。

ブラボー2 お気に入り登録0   ブラボーとは


正統派戦車の先駆け

▲アメリカ陸軍のFT-17(1918年)

 ルノーFT17軽戦車が第一次世界大戦における最高傑作戦車の一つであることに疑問の余地はない。この戦車の起源となったのは、1915年にエティエンヌ将軍が提出した要求仕様書で、先見の明に富んだエティエンヌは、歩兵作戦を直接支援するための軽量装甲車両の必要性を主張した。発注数は1,000両以上と見積もられ、これに触発されたルノー社が1916年半ばに設計作業に着手して、同年末に作業を完了した。
 こうして誕生したFT17は、2人乗りで機関銃1挺を備える戦車であった。しかし、当時は手放しで受け入れられたわけではなく、車内が狭すぎ、装甲も薄すぎるとの評価が一般的だった。それでも軍はこの戦車を発注し、その後2,500両の追加発注を行った。この頃までに兵装は37mm砲1門に強化されたが、多くの車両は機関銃1挺のみで生産された。
 FT17は、今日で言う「正統派戦車」の最初の作品と見なすことができる。FT17の主兵装は360°旋回可能な小型の砲塔に収められ、車体の装甲は比較的薄く、その両側にキャタピラがあった。自動車のようなシャシーはなく、駆動系などのコンポーネントは装甲車体に直接取り付けられていた。エンジンは後部に配置された。両側キャタピラの前端に大型の転輪を持つ形式は、障害物突破に有効であることが証明された。また越壕能力を高める目的で、車体後部にはフレーム組みのバンパーが装備される例が多かった。

実戦デビュー

▲1941年、ドイツのユーゴスラビア侵攻の際に撃破されたユーゴスラビア軍のFTケグレス=インスタン。後方に通常型のFTも一部見える。

 ルノー社単独では軍の要求する数量を生産することができなかったため、他の企業にも分割して発注されることとなった。生産にはアメリカ企業も参画したが、アメリカ独自の仕様と生産方法に固執したため、同国製の車両が休戦前にフランスに到着することはなかった。
 フランスでは、オリジナルの鋳造装甲砲塔に代えて、平面装甲板を用いた8角形の砲塔で生産される例が多かった。37mm砲は事実上の標準武装となった(FT17砲戦車)が、機関銃の搭載も可能とされた(FT17機関銃戦車)。やがて、75mm砲の自走砲型がルノーBS砲戦車として生産されるようになり、特殊無線車両型のルノーTSR戦車も製作された。FT17の最大装甲厚は16mmであった。
 ルノーFT17の最初の生産分は、1917年3月にフランス陸軍に引き渡されたが、実戦に初めて投入されたのは1918年5月であった。すでにこの時点で、戦車の大量投入というフランス式戦術は定着していたが、間断なくドイツ軍の攻撃を受ける状況では、常にこの戦術が可能というわけではなかった。最初のうち、FT17は比較的少数で戦闘に投入されていたが、7月のソワッソンの反攻では480両を集結させることができた。この会戦でFT17は成功を収め、以後絶大な威力を発揮するようになった。
 FT17は、修理や長期的なスペア部品の供給などをほとんど考慮せずに設計されていた。このため、整備の問題は常に悩みの種で、さまざまな故障のために常時数百両が作戦不能状態に陥っていた。それでも、数千両の発注に基づいて、多くの製造工場から次々と戦車が送り出されたため、前線の稼働数に不足が生じることはなかった。また、一部の戦車はアメリカ軍にも引き渡された。終戦時には1,991両のFT17が稼働状態にあったが、そのほかに369両が修理中、360両は完全に使用不能状態にあった。
 第一次世界大戦の終了以降も多数のFT17が現役にとどまり、移動架橋車、自走砲、無線車両など、さまざまな新しい用途向けに新造あるいは改造が行われた。第二次世界大戦が勃発した1939年の時点でもまだ多数が就役していて、1940年のフランス降伏後はドイツに接収された。ドイツ軍は、これらの一部を1944年まで使用し、この年のパリ市街戦にも投入している。

諸 元

ルノーFT17
乗員:2名
寸法:全長(テイルバンパー付き)5.00m、全幅1.71m、全高2.13m
エンジン:出力35馬力のルノー液冷4気筒ガソリン・エンジン1基
重量:6.485t
性能:最大速度7.7km/h、航続距離35.4km

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)

[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2019/05/29


ブラボー2 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。