模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

カレイジャス級

【第118回】カレイジャス級  <空母>


 「カレイジャス」は、イギリス海軍の艦船。15インチ連装砲塔2基を備えた大型軽巡洋艦として建造され、第一次世界大戦に投入されたが、ワシントン海軍軍縮条約締結後、航空母艦へ改造された。第二次世界大戦開戦直後の1939年、Uボートの魚雷攻撃により沈没した。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


大型軽巡洋艦から空母へ

▲「カレイジャス」は速力32ktと非常に速かったが、装甲が貧弱で激しい戦闘には不向きだった。

 イギリス海軍元帥“ジャッキー”フィッシャー提督が建造を提唱した3隻の軽巡洋戦艦は、政治的な理由から「大型軽巡洋艦」と呼ばれ、第一次世界大戦中に彼の構想した総勢600隻から成る艦隊の中で最大の艦となるはずであった。この艦隊は、ベルリンからわずか130kmのドイツ北西部バルト海沿岸に軍を上陸させるというフィッシャーの戦術構想を実行するために建造されることになっていたが、1915年にフィッシャーが海軍省から去って、計画は中止となった。しかし特異な「大型軽巡洋艦」は完成され、壮大にして根本的な欠陥を抱えたフィッシャー構想の遺産として残されることになった。
 この軽巡洋戦艦の最初の2隻である「カレイジャス」と「グローリアス」は、それぞれ1915年3月と5月に起工され、1916年2月と4月に進水、1917年に就役した。しかし両艦は、基本的に防御力が脆弱で装甲帯は76mmしかなく、主砲は381mm砲 4門のみで、目標を捉えるのに時間がかかりすぎたため、実際に艦隊に配備できるものではなかった。ちなみに副砲は、102mm砲を装備した3連装砲塔6基で、計18門を装備していた。両艦にとって唯一の実戦の機会となった1917年11月17日のヘリゴラント・バイトにおけるドイツ軍外洋艦隊の軽巡洋艦との交戦でも、与えた損害よりも受けた損害のほうがはるかに大きく、両艦の欠点を露呈している。
 両艦は武装、防御力ともに貧弱であったが、18基のヤーロー小管式重油燃焼ボイラーにより4基のパーソンズ式ギアード蒸気タービンを駆動、発生した90,000馬力の出力を4軸に伝達し、32kt(59km/ h)という高い速力を有していた。このことが、「カレイジャス」と「グローリアス」に空母として再出発する道を開いた。
 ワシントン条約の合意の下では、両艦とも空母に改造することが可能であったため、1924年に両艦の改装が開始され、「カレイジャス」は1928年に、「グローリアス」は1930年に完了した。なお、両艦の半姉妹艦で、建造途中から空母に改装された「フューリアス」には、1921年から第2次改装が施され、アイランドを撤去し、ボイラーの煙突をかなり艦尾方向に移して格納庫のスペースから離した配置に改められた。これより後に改装された「カレイジャス」と「グローリアス」は、空母「ハーミーズ」と「イーグル」に取り入れられた近代化改装の恩恵を受けて、煙突と艦橋を複合構造にしたため、艦載機の運用数が大幅に増加していた。

2重飛行甲板

▲攻撃を受け、沈みつつある「カレイジャス」。

 「カレイジャス」と「グローリアス」は同様の前部甲板を有していて、これは艦首から20%ほど手前の位置で終わっていた。その下の格納庫甲板は上甲板の部分まで前方に延長されており、条件さえ良ければ小型で軽量の航空機(艦載戦闘機)が下段甲板から離艦できるようになっていた。両艦とも安定性を増すために大きなバルジが設けられていた。
 1935年から1936年にかけて行われた改装で、短い前部甲板は撤去され、主飛行甲板は全長161.5m、全幅27.9mになった。また飛行甲板に2基のカタパルトが装着され、重量3,629kgの航空機を104km/ hで、あるいは4,536kgの航空機を96km/ hで射出することができるようになった。両艦とも全長167.6mの格納庫を2つ有し、格納庫と飛行甲板の間をつなぐ14.0m×14.6mの中央エレベーター2基が設置されていた。
 「カレイジャス」は1939年9月の開戦からわずか2週間後にドイツ潜水艦に撃沈され、第二次世界大戦で初めて失われたイギリス海軍の主要艦船となった。この損失によって、「グローリアス」が地中海海域から呼び戻されて任務を引き継いだが、同艦もそれから9か月後の1940年6月、ノルウェー撤退の際にドイツ軍の巡洋戦艦の砲撃を受けて失われている。

諸 元

カレイジャス級

排水量:基準22,500t、満載26,500t
寸法:全長239.5m、全幅27.6m、吃水7.3m
推進器:ギアード蒸気タービンで出力90,000馬力を供給し、4軸を駆動
速力:30kt(56km/h)
装甲:舷側38〜76mm、格納庫25〜76mm
兵装:120mm対空砲16門、2lb対空砲(40mm)4門
搭載機:48機
乗員:1,215名(航空機搭乗員含む)

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp。

公開日 2022/10/25


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。