模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

カリフォルニア級

【第80回】カリフォルニア級  <巡洋艦>


 「カリフォルニア」級原子力ミサイル巡洋艦は、アメリカ海軍の原子力ミサイル・フリゲート(DLGN)の艦級。「カリフォルニア」級は、シリーズ建造が行われた初めての原子力推進水上戦闘艦で、1960年代初期に最初に提案された原型設計の原子力推進型を基本設計としていた。

ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは


多目的プラットフォーム

▲カリフォルニア級原子力ミサイル巡洋艦。

 「カリフォルニア」級は、もともとは1966会計年度に、在来型動力ミサイル駆逐艦の原子力推進ミサイル・フリゲート艦バージョンとして、計5隻が建造されるはずであった。しかし、「カリフォルニア」および「サウス・カロライナ」のわずか2隻に削減され、余った費用は後継の「ヴァージニア」級に回された。
 原子力推進ミサイル巡洋艦の目的は、単独で、あるいは輸送船団または空母戦闘群を護衛しながら、空中、水上、水中の脅威に対する攻撃を行うことであった。原子力推進により、こうした艦は広大な距離を長期間にわたって航海でき、迅速に配備に就くことが可能となった。
 就役は、「カリフォルニア」が1974年、「サウス・カロライナ」が1975年で、両艦は改良型D2G原子炉システムを装備する最初の軍艦であった。D2Gは、「ベインブリッジ」および「トラクスタン」の両ミサイル巡洋艦に装備されていた原子炉システムに比べて、炉心の寿命が3倍に延びていた。
「カリフォルニア」級にはヘリコプターの発着甲板が用意されていたが、格納庫や整備施設はなかった。Mk48対潜長魚雷用の発射管2門が船尾梁に備え付けられていたが、これは最初に装備されていた重重量のMk42 127mm機関砲とともに取り外され、後者は軽量のMk45 127mm 2門と交換された。また高速のデータ処理装置および指揮管制装置が追加されて兵器システムの強化が図られた。搭載されている8発のハープーン・ミサイルの射程は130km以上であった。
 「カリフォルニア」級の両艦は、ペアで大西洋艦隊の空母護衛任務を行った。

ミサイル兵装

▲カリフォルニア級原子力ミサイル巡洋艦の2番艦、サウス・カロライナ。

 改装後、主要な艦対空ミサイル(SAM)装置はAN/SPG-51Dデジタル発射管制レーダー付きの単装Mk13発射機2基となり、ミサイルはセミ・アクティブ・レーダー・ホーミングのスタンダードSM-2MR(発射機および発射管制システムの変更の後にSM-1MRから更新)となった。主な対潜水艦戦(ASW)兵装は、再装填可能な8連装Mk16 ASROC発射機で、24発のMk46 Mod5ニアティップ/Mk50魚雷を搭載した。
 1993年に「カリフォルニア」は大規模な近代化改装を行った。艦橋構造物の主要部分にはケブラー装甲が追加され、当初から装備されていたAN/SPS-40対空捜索レーダーは、AN/SPS-49システムに交換された。1992〜93年には、「カリフォルニア」は姉妹艦「サウス・カロライナ」とともに原子炉の燃料補給を行った。
 1998年に、「サウス・カロライナ」は公式の退役手順を開始するためヴァージニア州ノーフォーク海軍基地に入港し、「カリフォルニア」もそれに続いた。

諸 元

カリフォルニア級(改装後)

排水量:基準9,561t、満載11,100t(CGN-36)/10,473t(CGN-37)
寸法:全長181.7m、全幅18.6m、吃水9.6m
推進器:ゼネラル・エレクトリックD2G加圧水型原子炉2基、ギアード蒸気タービンで出力60,000馬力を供給し、2軸を駆動
速力:39kt(72km/h)
兵装:4連装ハープーンSSM発射機2基(ハープーン・ミサイル8発搭載)、単装Mk13発射機2基(スタンダードSM-2MRミサイル80発搭載)、8連装Mk16対潜ロケット(ASROC)発射機1基(ミサイル24発搭載)、127mm Mk45両用砲2門、20mm Mk15ファランクスCIWS 2基、12.7mm機関銃4挺、324mm Mk32 ASW魚雷連装発射管2基(Mk46 Mod5魚雷16発搭載)
電子機器:AN/SPS-48三次元対空レーダー1基、AN/
SPS-49対空捜索レーダー1基、LN-66航海レーダー1基、AN/SPS-10水上捜索レーダー1基、AN/SPG-51Dスタンダード発射管制レーダー4基、AN/SPQ-9A発射管制レーダー1基、AN/SPG-60 127mm砲射撃指揮レーダー1基、AN/URN-25 戦術航法システム(TACAN)1基、AN/SLQ-32 電子妨害装置(ECM)1基、海軍戦術情報処理システム(NTDS)1基、AN/SQS-26CXソナー1基、Mk36 SRBOC 4基、衛星通信(SATCOM)システム1基
搭載機:なし。ただしヘリコプター発着甲板を装備
乗員:563名

(この記事はワールド・ウェポン<デアゴスティーニ・ジャパン刊>をもとに構成したものです。)
[タイトル写真]U. S. Army/U.S. Marine Corp

公開日 2019/08/28


ブラボー0 お気に入り登録0   ブラボーとは



コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。